人間の良心について

創世記に、「神である主は土地のちりで人を形作り、その鼻にいのちの息を吹き込まれた。そこで人は、生きものとなった」(2:7)と書いてあります。「いのちの息」とは「神の霊」です。
 イエス様は「わたしの語ることばは、霊であり、いのちである」と語られました。つまり、神様と私たちは「聖書のことば(神の霊)」によってつながっている者であることを心に留める必要があります。
 最初の人アダムは、神様に似せて造られました。ただし違う所が一つ。神様には「権威」があり、アダムはその権威に従う立場であったということです。その象徴が、善悪を知る木の実でした。神様は「園のどんなものでもあなたに与える。しかし、この善悪を知る木の実だけは食べてはならない。」と命令されました。しかし、彼等は神様の権威に従うことが出来ませんでした。それまでは、神様のことばに従うことがすべて「善」でした。しかし、彼等が罪を犯した結果、彼等の内の霊(神様と交わる器官)が死んでしまったので、彼等は自分で善悪を判断せざるおえなくなったのです。その時から、彼等は与えられた「良心」に従って善悪を判断し、生活するようになりました。しかし、人間の「善」は神様の目からは「善」でないときがあるのです。
 神様がアダムに近寄られた時、彼は自分で判断し、隠れました。しかし、それは「善」ではありませんでした。神様から見る「善」は神の御前に進み出て悔い改めることでした。しかし、今日まで人間は幾度となくそのような失敗を積み重ねて来たのです。
 カインとアベルの話は有名です。
 神様はアベルの捧げ物に目を留められましたが、カインの捧げものには目を留められませんでした。何故なら、その捧げものは神様に対して最良のものではなかったからです。 
 しかし、そこでカインはひどく怒り、アベルに対し憎しみを持ち始めました。その時、神様はこう言われました。「あなたが正しく行ったのであれば、受け入れられる。ただし、あなたが正しく行っていないのなら、罪は戸口で待ち伏せして、あなたを恋い慕っている。だが、あなたは、それを治めるべきである。」(創世記4:6)
 私たちは「悪」を治めて「善」を行うべきです。それは分かっているのです。でも私たちの「良心」は状況次第で妥協を許します。
カインは悪いことだと分かりつつも、アベルを殺害してしまいました。これは、私たちの「良心」の欠点です。良心は「罪」に対して無力であることをしっかりと知る必要があります。
 エノクという人物がいました。彼もカインと同じ条件の中にいました。しかし、彼の歩みは神様に喜ばれ、彼は死を見ることなく天に上げられました。何故ですか?それは聖書にある通り、彼は神の権威の下で、「神と共に歩んだ」(創世記5:24)からなのです。
 パウロはこう言います。「自分の家柄、ローマ市民権、学歴、など何の役にも立たない。ただイエス様の十字架こそが私の誇りだ!何故なら、十字架こそが私たちを罪から救い、神様の業に導くからだ!」 パウロは「良い」と思ってユダヤ人を迫害しました。しかしイエス様に出会い、救い主であるイエス様を証する者と変えられました。
私たちが、神の霊によって生きるなら、必ず「最善」に導かれます!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。