天の御国(マタイの福音書22章1~14節)

 イエス様は、「天の御国」を「王子のために結婚式の披露宴を設けた王」にたとえて話されました。王様は王の権威を用いて、息子のために披露宴を設け、客を招待しました。しかし、招待した客が披露宴に来たがらなかったのです。それどころか、遣わされたしもべを捕まえ、恥をかかせて殺してしまいました。それを聞いた王様は、怒りに燃え、その人殺したちを滅ぼし、彼らの町を焼き払いました。王様は、「宴会の準備は出来ているが、招待した客は、それにふさわしくなかった。」と言って、もう一度しもべを遣わし、大通りで出会った者をみな招くよう言いつけました。そのため、会場はいっぱいになりましたが、その中に礼服を着ていない者がいました。その者は王様が定めた服ではなく、自分の好きな服を着て来たのです。王様は怒り、しもべに「その者の手足を縛り、外の暗闇に放り出せ!」と命じました。
 イエス様はこのたとえを話され、「招待される者は多いが、選ばれる者は少ないのです。」と言われました。
 イエス様の話されるたとえには、すべて意味があり、教えがあります。この招待された客とは「ユダヤ人」のこと。またしもべは「旧約時代の預言者」のことで、ユダヤ人が、神様が送られた預言者をないがしろにし、殺してしまった事実を指し示しています。また、大通りの客は「異邦人」のことです。かつて神様はイスラエルの民を選び、救い主を送ったのにも関わらず、彼らは救い主イエス様を拒み、十字架につけてしまいました。神様は、エルサレムを滅ぼし、彼らを国から散らしました。神様の御手はそこから、異邦人へとやって来たのです。神様は、神様に出会うすべての人を招いておられます。しかし、ここで重要なことは、祝宴には「私服」(自分の義、行い、名誉、地位)ではなく、「礼服」(神様の義、イエス・キリスト)でないと入れないということです。礼服を着るとは、イエス様を信じ受け入れるといこと。つまり「信仰」です。「信仰がなくては神に喜ばれることは出来ません。」(ヘブル11:6)信仰の礼服を着、神様に近づくなら、あなたは神の国において多くの祝福を受け、更に用いられるのです!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。