5つのパンと2匹の魚 (マタイの福音書14章13~21節)

 この箇所は、共感福音書すべてに書かれてある、重要な記事です。イエス様は、弟子達を試すために、こう言われました。
「あなたがたで、あの人たちに何か食べる物をあげなさい。」
見渡してみると、イエス様を求めて集まった群衆が、女性と子供を除いても約5千人。そして、子どもが差し出した食料が、5つのパンと2匹の魚。とてもじゃないけど、この群衆を養うことは出来ません。 弟子達は「イエス様は何を考えているのだろう。」と疑問を抱いたまま、「これしか食料はありません。」と5つのパンと2匹の魚をイエス様に差し出しました。イエス様は、「それをここに持って来なさい。」と言われ、天を見上げてそれを祝福し、パンを裂いて、弟子達に配るよう命じました。すると、どうでしょう。人々は、食べて満腹になり、パン切れのあまりを集めてみると、12のかごにいっぱいになったのです。弟子達は、イエス様の「祝福」を目の当たりにしました。
 「これだけしかない。だから、村に行ってめいめいで食物を買うようにさせよう。」
これが、弟子達の考えでした。「これだけしかない…。」
しかし、イエス様は、「今あるもの」に目を留め、それを祝福し、5千人が十分食べても余るくらいにパンを増やされたのです。
 一人のやもめと、その息子がいました。彼女は薪を集め、残りわずかな粉と少しの油でパンを焼き、それを食べてもう死のうとしていました。そこに預言者エリヤが現れ、「その焼いたパンを私に食べさせなさい。」と言いました。やもめは戸惑いましたが、それを神様のことばと信じ、言われた通りにしました。すると、それからというもの壺の粉は尽きず、瓶の油も尽きなかったというのです。
 これらすべては、常識では起こりえないことです。しかし、神様のことばを信じるなら、起こりえないことが起こるのです。神様は信じる者に神様の奇跡を見せて下さいます。「自分の賜物はこれだけしかない。」「自分には才能がない。」「献金するお金がない。」そんなことを思っていませんか。この世の価値観で過ごしてはなりません。神様は無から有を呼び出し、有るものは更に祝福して下る方です。自分の持てる物全てを捧げ、更に祝福を受け、用いていただきましょう!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。