続・シェラトンの結婚式

なんだか、この話題から抜けられなくなってきましたが、これで最後にします。それだけ、ここ数年で私にとって、大きなインパクトのある出来事でした。
さて、私たち夫婦が出席した10月25日(土)は、シェラトン始まって以来、最高の結婚式組数だったそうです。この日だけで14組の方が結婚されたと聞きました。30分刻みで、式の実質の時間は20分です。牧師先生のメッセージも3分という、超短縮版でした。高森牧師先生のメッセージが心配でしたが、さすがにうまく3分以内でまとめられました。
結婚式に続く、披露宴はというと、この日、9組の方々が式の後に披露宴を行われたようです。シェラトンはホテルの隣に、国際会議を行うことのできる大きな会場を備えています。旧シーガイア時代にここでサミットも行われました。披露宴はもっぱらこちらを利用されるようです。この日は、2階~4階までを会場として使っていました。ロビーに入ると、9組の結婚式披露宴の受付がずらーっと並んでいました。これまでに見たこともないような、結婚式の風景に異様な感覚を覚えてしまいました。
私たちは4階の会場で、フロアーを3つに区切られた、その中でも一番大きな真ん中の会場でした。さすがにヤマハの音楽スクールの先生だけあって披露宴の最初から最後まで、演奏は全て生バンドでした。ピアノの演奏も、大学で音楽を教える教授でした。最後は、新婦の歌で閉めてお開きとなりましたが、約3時間の披露宴でした。式の途中まで、はしゃいでいた息子も、帰るときには、ぐっすり眠ってしまいました。
最後に、料理について書き忘れました。こちらは、さすがに申し分ない完璧な料理でした。前菜だけで、目も舌も十分堪能できましたが、新鮮なお刺身、宮崎牛のステーキ、伊勢えびと鯛の焼き物、お寿司と茶そば。もちろん、最後はデザートにコーヒーつきでした。
さてさて、次にシェラトンで結婚式をあげそうな知人がいるのかなぁ・・・・・