交わりの恵み Ⅱコリント8:1~9

富高尚師

 コリントの教会には争いや指導者に対する不満など様々な問題があり、パウロはそのたびに手紙を書き、または直接コリントの教会を訪問して指導していたようです。また、当時パウロは主だった教会にエルサレム教会を経済的に支援するよう要請していたようですが、コリントの教会はその働きが中断していました。
 そこで、パウロはマケドニアの諸教会に与えられた「神の恵み」についてコリントの教会にぜひ知ってもらいたいと願い、第二の手紙の8章、9章を書いています。決して献金のことだけでなく、マケドニアの諸教会が、あらゆる神の恵みで満ちていることを知らせたかったのです。おそらく貿易で栄えていたコリントの町にある教会は、経済的には恵まれていたでしょう。逆にマケドニアの諸教会は、貧しく、激しい迫害の中で、外には戦い、うちには恐れがあったようです。(Ⅱコリント7:5)
 しかし、彼らは神の恵みを知って、激しい試練の中でも喜びが満ちあふれ、極度の貧しさの中でも惜しみなく施すことが出来ました。(Ⅱコリント8:2)
 彼らの知った神の恵みとは、救いであり、それは一方的に与えれらた神様からの賜物です。その最大の恵みはイエス・キリストです。イエス様は富んでおられた方なのに貧しい者となって私たちのところに来てくださいました。それによって私たちは富む者となったのです。(Ⅱコリント8:9)
 神の恵みを知った者は、「悲しんでいるようでも、いつも喜んでおり、貧しいようでも、多くの人を富ませ、何も持たないようでも、すべてのものを持っています。」(Ⅱコリント6:10)
 では、どのようにしてマケドニアの諸教会は神の恵みの満ちあふれる教会となったのでしょう。9章を見ると、実はコリントの教会がどこよりも先にエルサレム教会を支援する献金の働きを始めたことが記されています。(Ⅱコリント9:2)そのことを知ったマケドニアの諸教会は、その交わりの恵みにぜひあずかりたいと熱心に願い(Ⅱコリント8:4)、実行しました。コリントの教会の献金の額と比較するなら、それはほんのわずかな献金だったかもしれません。しかし、「交わりの恵み」とは神様から与えれた恵みを共有することであり、共に分かち合うことです。神様の恵みは、たとえ私たちの目に小さいもののよう思えても、満ち足りて、あふれ流れ出るほどの恵みなのです。
「神は、あなたがたを、常にすべてのことに満ち足りて、すべての良いわざにあふれる者とするために、あらゆる恵みをあふれるばかり与えることのできる方です。」(Ⅱコリント9:8)

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。