ペンテコステ礼拝

富高美和師

 「~その方は、あなたがたに聖霊と火とのバプテスマをお授けになります。」(マタイ3:11)
 イエス様は、天に昇られる際「エルサレムを離れないで、わたしから聞いた父の約束を待ちなさい。ヨハネは水のバプテスマを授けたが、もう間もなくあなたがたは聖霊のバプテスマを受けるからです。(使徒1:4,5)」と言われ、使徒の2章で弟子たちは聖霊と火とのバプテスマを受けます。
 バプテスマとは、「浸される」という意味です。ですから、「火のバプテスマ」とは火に浸されるということ。「火」は神様のご性質を表し、また、神様の御臨在を現わすものですから、私たちがすべてを明け渡して聖霊様のものになるということです。
 弟子たちは火のバプテスマを体験しました。(使徒2:1~4)聖霊の火は、一瞬彼らの上にとどまり、それから彼らの内に入られました。その時、彼らは聖霊に満たされ、御霊が話させて下さる通りに、他国の言葉で話し始めたのです。聖霊の火に彼らが浸された時、彼らの人生は神様のものになりました。それまでは自分中心の歩みをしていましたが、神様中心の人生へと変えられ、もはや死を恐れることなく、大胆に福音を宣べ伝え始めたのです。
 イエス様は、弟子たちに聖霊が必要だと言われました。何故でしょうか。それは、私たちがいつも聖霊に満たされ、勝利の生活を送るためです。私たちは、聖霊の力によって日々襲ってくる罪の誘惑、肉の欲、弱さ、恐れ、怒り、不満に勝利します。聖霊の火は私たちの罪を焼き尽くし、そしてきよめます。また、私たちにイエス様に対する情熱を与え(使徒4:29~31)、力を与えます(使徒5:15)。
 神様は、私たちに力強くなってほしいと願っておられます。私たちが力強く立ち上がり、恐れることなく、大胆になり、決して世の中で妥協することなく、イエス様の弟子として歩むことを望んでおられるのです。強く生きるために、私たちは恐れから解放されなくてはなりません。「神に愛されている人よ。恐れるな。安心せよ。強くあれ。強くあれ。」(ダニエル書10:19)
 神様は、全き愛によって恐れを締め出して下さいます。そして、周りの状況に左右されない、揺るがない強さを与えて下さるのです。その時私たちは、神様の御業が現わされるのを見ます。「しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれる時、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」(使徒1:8)

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。