マリヤの信仰(ルカの福音書1章26節~38節)

ザカリヤとエリサベツに良き知らせを告げた御使いは、次にナザレという町のひとりの処女の所にやってきてこう言いました。
「おめでとう、恵まれた方。主があなたとともにおられます。」
このことばは、マリヤだけに言われたのではなく、救いを受ける私たちにも向けられていることばです。
神様が私たちにたてて下さっている救いのご計画、また救い主がいつも共におられることを喜びなさい、と言われているのです。
私たちは、「おめでとう!」と言われたマリヤのように恵まれている存在です。そのことをどれだだけ理解し、感謝しているでしょうか。神様の恵みを知り、感謝していく時、神様はそのことを喜んで更に大きな恵みを与えて下さるのです。
御使いは続けてこう言いました。「あなたはみごもって、男の子を産みます。名をイエスとつけなさい。その子はすぐれた者となり、いと高き方の子と呼ばれます。また神である主は彼にその父ダビデの王位をお与えになります。彼はとこしえにヤコブの家を治め、その国は終わることがありません。」
マリヤは戸惑い、「どうしてそのようなことになりえましょう。私はまだ男の人を知りませんのに。」と答えました。
しかし、御使いは、「聖霊があなたの上に臨み、いと高き方の力があなたをおおいます。それゆえ、生まれる者は、聖なる者、神の子と呼ばれます。~神にとって不可能なことは一つもありません。」
と言いました。
マリヤが、そのことばを信じ、受け入れて「ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおりにこの身になりますように。」と言うと、御使いは彼女から去って行きました。
聖霊が臨まれる時、信じられないような奇跡が起こります。神様にとって不可能なことは一つもないからです。
マリヤは御使いの言われることを信じました。目に見えないもの、またこれから起こることを信じる、これがマリヤの信仰、献身です。
理屈にはあわない、人間の理解を超えている、しかし、全能なる神様のことばは、必ず実現されるのです。
私たちも、神様のことばに対し、マリヤのように「あなたのおことばどおりになりますように。」と言える者になりましょう。
「聖霊があなたの上に臨み、いと高き方の力があなたをおおいます。」 このことばも、神様が私たちに与えて下さっていることばです。
イエス様が十字架にかかられ、三日目に復活し、天に昇られた後、聖霊様をこの地に送って下さいました。今は聖霊の時代です。聖霊様の力によって何事でもすることが出来るのです。あなたがマリヤのように、神様のおことばを信じ受け入れ、信仰をもって一歩踏み出すなら、神様はあなたの上に大きな恵みと奇跡の業を行われるのです!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。