「私をあわれんでください」

髙森博介師

テキスト:マタイの福音書15章21~28節
 この箇所には一人のカナン人の女が登場します。カナンとは偶像礼拝の地でしたし、彼女は異邦人でした。しかし、この女は娘が悪霊に取り憑かれているので助けを求めてイエス様のもとに来たのです。弟子たちは彼女があまりにも「私をあわれんで下さい」とうるさいので、イエス様に「うるさいので帰して下さい」とお願いします。彼らは娘を思う母親の気持ちを理解できなかったのでしょう。
 注目するべきは、彼女の「私をあわれんで下さい」という言葉です。悪霊につかれている娘をではなく、自分をあわれんで下さいとイエス様に懇願しているのです。私たちも祈るときにこの姿勢が必要です。まず、自分自身が、神様の前に進み出て、自分自身が救われなければならないことを知ることです。
 しかし、イエス様は彼女に対して「わたしは、イスラエルの家の失われた羊たち以外のところには、遣わされていません。」そして、二度目は「子どもたちのパンを取り上げて、小犬に投げてやるのは良くないことです。」と彼女を子犬扱いされました。けれども、彼女は怒ったり、あきらめたりする事なく、イエス様と比べれば自分はそのようなものである事を認め、「主よ、そのとおりです。ただ、小犬でも主人の食卓から落ちるパン屑はいただきます。」とわずかなあわれみでも娘は直るという信仰を表明したのです。すると、イエス様は彼女の信仰を称賛し、それと同時に娘はなおったのです。
 弱さを覚えるときに、カナン人の女のように必死に祈り、神様の御前に出るならば、神様は必ず祈りに答え、働いて下さるのです。そして、聖霊に満たされ、内側から力があふれ、弟子たちのように鞭を打たれても大胆に語り続けることが出来るようになるのです。信じる者は幸いです。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。