多くの実を結ばせるために ヨハネの福音書 15章1~8節

高森博介師

 神様は、三位一体の神様であるとともに、唯一なる真の神様です。聖書の最初に、「初めに、神が天と地を創造した。」(創世記1:1)と記されていますが、ヘブル語では、「エロヒム」と言う複数形で記されています。
こ の神様は①誰にも、何物にも影響されない方「有って有る」方(出エジプト3:14)②霊なる方(ヨハネ4:24)、③永遠なる方④無限(偏在)でどこにでもおられる方⑤不変であり、どこにあっても、どのような条件が付いたとしても、変わらない方⑥全知であり、あなたのことも、すべてのことを知っておられる方⑦全能なる方です。
 神にとって出来ないことは一つもありません。この神様が、人間の姿をとってこの世に現れた、それがイエス様なのです。
 この方は、人間が犯した罪を取り除き、人を神のもとに引き戻すために、人間の犯した罪の裁きを、人間に代わって十字架ではりつけにされ、罪の身代わりの死を遂げて下さいました。
信じるすべての者を、罪の力(ローマ7:18~20)から解放し、神の子どもとして、「永遠」という祝福された人生へ導いて下さいました。罪の支配下にあった私たちを完全に解放して下さったのです。
 私達は、このイエス様につながれ、豊かな実を結ぶ者とさせていただくことが出来るのです。しっかりと繋がるために、「悔い改めの実」を結びましょう。(Ⅰヨハネ1:9)そして「御霊の実(愛、喜び、平安…)(ガラテヤ5:22)を、また「喜んで仕える奉仕の実」(マルコ9:35)、「宣教の実」を現わしましょう。「彼らは出て行って、至る所で福音を宣べ伝えた。主は彼らとともに働き、みことばに伴うしるしをもって、みことばを確かなものとされた。」(マルコ16:20)
 そして、イエス様が昇天されてから、私たちに送ってくださった助け主、聖霊の助けによって、私たちは何事でもすることができると告白して、積極的な働きをさせていただきましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。