福音の正しい理解~十字架~(ヨハネの福音書20:19~31)

富高美和師

 教会に来たきかっけは皆それぞれ違います。しかし、それは偶然ではなく、神様に導かれて今ここにいます。そして、世の終わりの時代に、神様は私たちに任務を与えて下さっています。
 復活のイエス様が、弟子たちに現れ言われました。「平安があなたがたにあるように。父がわたしを遣わされたように、わたしもあなたがたを遣わします。」そして彼らに息を吹きかけて言われました。「聖霊を受けなさい。」と。それは、一人でも多くの人々に御国の福音を伝えるためでした。
 しかし、その現場にいない人物がいました。トマスは、弟子たちが復活の主を見たと言っているにも関わらず信じようとはしませんでした。
 人はある時から「信じない者」になりました。それは、アダムがサタンに騙され神様に対し疑いを持った時からです。サタンは常に「神様などいない」と言う思いを与え、疑いを持たせ、信じさせないようにします。しかし、そのようなトマスをイエス様は怒ったり、責めたりはなさいませんでした。イエス様はトマスを愛していたので、トマスの前に現れて下さったのです。そして、ご自分の手の釘あとを見せ、「信じない者ではなく、信じる者になりなさい。あなたはわたしを見たから信じたのですか。見ずに信じる者は幸いです。」と言われました(ヨハネの福音書20:26~31)。イエス様は、人々に信仰を与えるためにこの地に来られました。何故なら、信じることによって父なる神様との関係を回復することが出来るからです。そして、子として天の父を喜ばせることが出来る幸せを身をもって教えて下さろうとしました(へブル11:6)。
 私たちは、イエス様の十字架と復活をこの目で見たことはありません。しかし、聖書のことばが神様の言葉で、それが真理であると、疑うことなく信じることが出来るのは、なんと幸いなことでしょうか。イエス様の十字架の贖いによって、地にある物、すべての被造物が和解させられました。ですから、私達は、神の子として、体の癒しだけではなく、自然、環境、この地に関することすべてに対しても十字架の贖いによって解決を得ることが出来るのです。
 鞭で打たれたイエス様の血だらけの体、そして十字架の壮絶な苦しみ、私たちの想像をはるかに越えるものです。人類の罪の罰をイエス様ご自身が受けて下さったこと、罪の御怒りを一身に受けて下さったこと、この世のすべての人の罪の代価を支払われたこと、それは、私達に最大の赦しを与えて下さるためでした(イザヤ53章1~6)。イエス様は、十字架の上て「完了した。」と言われました。すべての人の代価を払い終えたのです。三日目に復活された主は、トマスに現れて下さいました。そして、究極な愛の言葉、「信じる者になりなさい。」と言って下さったのです。なんという恵み、なんという愛でしょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。