大切な人 ルカの福音書15章1~7節

富高美和師

「あなたがたのうちのだれかが羊を百匹持っていて、そのうちの一匹をなくしたら、その人は九十九匹を野に残して、いなくなった一匹を見つけるまで捜し歩かないでしょうか。」(ルカの福音書15:1~7)
 イエス様のもとに、取税人たちや罪人たちがイエス様の話を聞こうとしてやって来たので、イエス様は彼らを迎えて食事をしていました。その雰囲気は御国を現すかのようなものでした。罪人たちがイエス様の愛を知り、救い主なる主を迎え、喜びに満ち溢れ、共に交わりを楽しんでいたのです。イエス様の目的は、ここにあります。イエス様は罪人を招いて救い、御国を現わすためにこの地に降りて来られました。しかし、律法学者やパリサイ人はイエス様の心を理解せず批判しました。イエス様は文句を言う彼らのためにたとえ話をされました。それが「羊飼いが、迷い出た羊を捜しに行くたとえ」です。これは、当時の社会ではありふれた光景だったので、彼らは容易に想像することが出来ました。羊はすぐに群れから迷いでる動物です。そればかりではなく、いったん群れから離れると戻ってくるような習性がないので、「迷い出る」=「死」を意味するくらい危険なことだったようです。崖から落ちてしまうかもしれない、狼に食べられてしまうかもしれない、だから羊飼いは99匹を安全なところに残して、その一匹を捜しに出ました。羊飼いは「一匹くらい」とは思いませんでした。その一匹の羊を見つけるまで捜し歩いたのです。この心は良い羊飼いの心です。
 イエス様は良い羊飼いなるお方です(ヨハネの福音書10:11~18)。イエス様は私たちの性格も問題も願いも全部ご存知で、一人ひとり「名前を呼んで」導いて下さます。また、羊を思う気持ちで満たされているので、迷い出て不安と孤独の中で過ごしている、何のために生きていくのか分からない者を憐れみ、滅びに至る道にいた罪人を見つけ出し、救い出して下さいました。また良い羊飼いが「一匹」を大事に扱うように、「一人」の人間に大きな価値を置いて下さる方です。
私たちは「自分一人ぐらいいなくたって」と思ってしまいます。しかし、それは大きな間違いです。神様はたった一人のために大きな犠牲を払って下さるお方です。十字架の贖いは、そのたった一人をどんなに愛し、どんなに大切に思っているかを示すためのものでした。「このように、この小さな者たちの一人が滅びることは、天におられるあなたがたの父の御心ではありません。」(マタイ18:14)
 イエス様は、失われた人を捜し、救うために来られました。ルカの福音書19:1~10には「取税人ザアカイ」の話が出てきます。彼は迷い出た羊のように、いつも孤独感と不安にかられていました。自分の価値を認めてもらうために地位や名誉を求めました。しかし、それは彼を救うどころか益々人々から嫌われました。
しかし、イエス様は彼に近づき、「ザアカイ」と呼ばれたのです。彼はイエス様に見つけ出されました。イエス様の愛に触れ、共に食事をする中で、彼の心が変えられていくのが分かりました。何が出来るとか、何を持っているかではなく、罪人の自分を愛し、救って下さるイエス様の本当の愛を知ったのです。「人の子は、失われた者を捜して救うために来たのです。」(ルカ19:10)ザアカイは霊的な孤独から解放されました。神様との関係を修復し、そして一番大事なことを教えて頂きました(エレミヤ31:3)。自分は神様にとって「大切な存在」であると。大切にされていると知る時、はじめて人を大切に扱うことが出来ます。イエス様は、罪人を捜し、救い、そして今もその救いを喜んで下さっているのです!!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。