神の作品 エペソ人への手紙 2章1~10節

富高尚師

 パウロはこの手紙で、キリストを知る前の私たちとその後の私たちの姿を対比しながらその受けた恵みの素晴らしさを語っています。それは、一方的に受けた「神の賜物」であり、私たちは「神の作品」として、良い行いをするために造られ、あらかじめその良い行いも備えてくださったと言っています。
 まず、以前の私たちの姿とは、「死んでいた者」だという事です。そればかりでなく、空中の権威を持つ支配者の霊に従って歩んでいた者だったというのです。(エペソ2:2)私たちは何不自由なく生きていると思ってはいても、それは神様から見れば「的外れ」な生き方なのです。それを聖書は「罪」と呼んでいます。そして、その行きつくところは永遠の滅びです。この神様に対する罪は、人の努力で消すことができません。
 では、救われた今の私たちはどのような存在なのでしょうか。「死んでいた」私たちは、イエス様の十字架によりすべての罪が赦され、神の子となり、永遠のいのちが与えられました。それは、神様のあわれみと一方的な大きな愛によるものです。自分の力でそのような者になったのではありません。すべて神様から与えられた「神の賜物」なのです。
 神様は、私たちをご自分の作品として造りかえて下さいました。それは、第一に神様の手で造られた作品だという事です。単に同じものが存在しないという唯一性だけでなく、神様の所有物となったという事です。(詩篇100:3)私たちは主のものなのです。
 第二に、愛の込められた作品です。すべてが違う作品ですが、すべての作品を愛し、特別な感情を持って見てくださっています。いつも神様は私たちを見て、「わたしの目にあなたは高価で尊い。」(イザヤ43:4)と語って下さいます。
 第三に、目的を持って造られた作品だという事です。神様は私たちが「良い行い」をするために造られました。それだけでなく、その「良い行い」をも備えてくださっているのです。(エペソ2:10)
 このことは、決して、神の作品なのだから、良い行いをするためにもっと頑張ろうという事ではありません。私たちが神様を信頼し共に歩むとき、神様はすべての必要を備えて、最高の道を歩ませて下さいます。私たち自身の「素材」は問題ではありません。人間が良いものを作ろうとするとき、ます良い素材がなければ良い物をつくることはできません。しかし、神様は違います。どんな素材であっても神様は最高の作品を作ることのできるお方のなのです。神様はその素材を一番よくご存じなので、最も良い使い方を知っておられ、それを用いてキリストの体なる教会を建て上げられるのです。あなたは教会に必要な大切な存在であり、神様が造られた最高の作品として大いに用いられる存在なのです。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。