「深みに漕ぎ出して」

高森基信師

テキスト:ルカの福音書5章1~11節
「深みに漕ぎ出し、網を下して魚を捕りなさい。」
仕事を終え、網を繕っていたシモン(ペテロ)に、イエス様が舟を出すように頼まれ、話し終えた後ペテロに語られた言葉です。
 営業のコンサルティングなどでも「深みに漕ぎ出し、魚のいる所に行かなければ、魚を得ることはできない」と、この聖書箇所が使われたりしますが、実際のこの場面では、魚のいないと思えるところに舟を漕ぎ出さなければならないという状況でした。ペテロが「私たちは夜通し働きましたが、何一つ捕れませんでした。」と言ったのは、漁師を生業としていたペテロたちが、魚が捕れる時間帯に働き、時間を費やしたのに捕れなかったという事実があったからです。ましてや、漁の時間帯でない時に舟を漕ぎ出しても無駄足になると思うでしょう。しかし、ペテロの次の一言に事態が動きます。「でも、おことばですので、網を下ろしてみましょう。」私たちは人生の中で、この「でも」という言葉を否定的に使いがちです。「でもあれがありません、でもだめなんです」などです。ペテロの「でも」の根拠は「おことばですので」でした。イエス様のことばに神様の権威を認めたのです。イエス様が語られるからやってみましょう、と。信仰とは神の権威を認めること、私たちには不可能と思えることでも、神様のことばならばそれは実現し、私たちの思いをはるかに超えたことがなされることを信じなければなりません。ペテロは奇跡を見ることができました。そして、「恐れることはない。今から後、あなたは人間を捕るようになるのです。」と導かれ、イエス様の弟子となったのです。
 イエス様の見ているところと、私たちが見ているところは違います。サマリヤの女がイエス様を信じた時にも、収穫の時が来ていることをイエス様は語られました(ヨハネ4:35)。人間の目にはまだだと思えるときでも、神様の見る目とは違うので、神様の権威あるみことばを信じ前進していきましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。