レプタ2枚 ルカの福音書 21章1~4節

富高尚師

 レプタ銅貨2枚は、一日の日当が一万円とすると、わずか150円程度の価値にすぎません。多くの人々が神殿に来て、金貨や銀貨をたくさん投げ入れていましたが、イエス様はこの貧しいやもめの捧げたレプタ銅貨2枚を見て、「誰よりも多く投げ入れた」(ルカ21:3)と言われました。
 イエス様はなぜ、わざわざこの貧しいやもめに目を止め、称賛されたのでしょうか。私たちに多くの献金を要求するためでしょうか。または律法に忠実に捧げものをさせるためでしょうか。決してそのような理由ではありません。
 イエス様の回りにはたくさんの人が集まってきましたが、その多くは見栄を張って長く祈る律法学者(ルカ20:47)や美しい石や奉納物で飾られた宮の話(ルカ21:5)に夢中でした。そんな状況の中、レプタ2枚の捧げものをしたこのやもめにイエス様は感動されたのでしょう。当時は、神殿の婦人の庭に献金箱が置かれており、その横には祭司が立っていました。捧げものをする人は、祭司に金額と使用目的を告げて献金を投げ入れていたのです。ですから、金持ちたちは多くの献金を捧げることで、自分が信仰深い者であることを誇っていました。
 しかし、やもめの捧げたレプタ2枚には、そんな見栄もプライドもありません。また、生きる手立てのすべてだったのに、1枚ではなく2枚とも捧げたのです。
 当時のやもめは、身分も低く、経済的にも困窮していたに違いありませんが、彼女のこころは、毎日の神様との深い交わりの中で、豊かな主の愛に満たされ、喜びに満ち溢れていたに違いありません。どんなに貧しく苦しい生活の中でも、感謝にあふれて捧げられたレプタ2枚の捧げものは、まさしく「真実の愛」そのものです。「わたしが喜びとするのは真実の愛。いけにえではない。全焼のささげ物よりむしろ、神を知ることである。」(ホセア6:6)
 神様は、決して捧げものを要求しておられるのではありませんが、捧げものによって神様との結びつきはより深く、親密になっていきます。それはお金や物だけでなく、神様との交わりの「時間」も私たちが神様に捧げる、尊い捧げものだからです。レプタ2枚を捧げたやもめは、いつも主との深い交わりの中にいて、主の花嫁として、夫婦のような関係を真の神様と築き上げていたのです。ですから、喜んで、見栄もプライドもなく、生きる手立てのすべてを捧げることができました。たったレプタ2枚でしたが、神様はそれを喜んで受け取ってくださるという確信に満ちて捧げたのです。
 私たちも、「主を知ること」を切に追い求め続けましょう。主とのより親しい関係を築き、周りの人の目を全く気にすることなく、祈りや奉仕や捧げものを、喜びに満ち溢れて行う者とさせて頂きましょう。たとえそれが、「レプタ2枚」であったとしても。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。