「聴き従う信仰」

高森博介師

テキスト:ルカの福音書5章1~11節
 この箇所は、イエス様が群衆を従えて、ゲネサレ湖に舟を出し、話し終えられた時の出来事です。シモン(後にペテロ)という漁師がイエス様に頼まれて舟を出しました。彼はずっとイエス様の傍らで話を聞いていました。そして、イエス様は話し終えられたのち、シモンに網を下すように命じられたのです。彼は「大工の子であるイエス様が何を言っているんだろう」と腹の中では思ったでしょう。なぜなら、漁のプロの彼でさえ夜通し働いても魚を捕ることができなかったからです。イエス様の素晴らしい話を聞いていた彼でしたので、イエス様が言われたとおりに網を下して見ました。すると、網が破れるほどの多くの魚が捕れたのです。彼はその時、神の子であるイエス様の言葉を疑った自分の心の醜さを感じました「主よ、私から離れてください。私は罪深い人間ですから。」と主の前にひれ伏しました。私たちもこのシモンのように聞いてはいます。頭には入ってはいます。けれども、神様の御業は従うときに起こるのです。
 イエス様は私たちに「聖霊を受けなさい」と言われます。私たちは知識としては知ってはいます。ペテロも「網を下ろしなさい」とイエス様に言われたときには言葉として聞きはしました。しかし、聴き従ったときに神様の偉大さを知ったように、祈り続け、求め続けることが必要です。世の中に浸っていたら、私たちは変わりません。祈り求めるときに聖霊が与えられ、異言で祈るときに私たちは更に主の聖さへと近づくことができるのです。なぜなら、聖霊様によって祈るときに、聖霊様は深いうめきによって私たちをとりなしてくださるのです(ロマ8:26)。
 一日の初め、朝から祈り神様に近づきましょう。良き働き人となるためには、神様からの清めが必要です。(へブル10:21~25)祈り続けるときに教会も成長します。信じ続け、祈り続けるときに神様は必ず答えてくださるからです。聖霊様は私たちに真理を教え、正しいと導いてくださいます。神のみことばを信じ、従い、祈り続けていきましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。