本当に価値のある宝

高森基信師

マタイの福音書13章44~46節

 畑の中に宝を見つけた人、彼はその畑を耕す雇人でしたが、見つけたことを秘密にして、宝を自分のものにしようとします。当時のユダヤの教えでは、その土地の主人の所有物でなければ、その宝は見つけたものとなるそうです。日本人は、真面目なのでオーナーに報告してしまいそうですが、この人は正当にその畑を買って、すべての宝を自分のものとしました。彼は全財産を売り払って畑を買い取るほどの価値をその宝に見出したのです。続いて出てくる商人も同様に、探し当てた真珠に自分の持ち物を売り払うほどの価値を見出したのです。畑の宝を見つけた人は、自分に任された仕事をしていて、偶然に見つけたラッキーな人です。真珠を求めた商人は、熱心に探し求めた結果、とっておきの真珠に出会いました。二人とも見つけ方のプロセスは違います。
 しかし、そんなことはどうでもいいのです。その宝にどれだけの価値を見出すかが大切なのです。イエス様は天の御国はこのような宝や真珠のようなものだと言っています。見つけ出した宝に価値を見出すことがとても重要なのです。真理を見出すとき、これまでの物の価値はなくなります。彼らはこれまで蓄えていたものを売り払うほどの価値を見出したのです。救われたクリスチャンもイエス・キリストの福音、天の御国にそれだけの価値を見出していく必要があります。そうでなければ、この世の人と同じように恐れや思い煩いの中で意気消沈してしまいます。
 私たちに与えられている財産は、朽ちることも、汚れることも、消えることもない財産です(Ⅰペテロ1:4a)。滅びゆく地上には蓄えることはできません。天に蓄えられているのです(Ⅰペテロ1:4b)。私たちは天に思いをはせ、天の宝に目を向けなければなりません。それはイエス・キリストによって救われた者に与えられる報いと、永遠のいのちです。
 天の御国は私たちの中にもあります。土の器である私たちを通して、測り知れない神様の力が明らかになるためです(Ⅱコリント4:7)。土の器は金の器や銀の器と比べると価値のあるものではありません。しかし、その中に宝があることが重要なのです。土の器を用いて神様の大いなる力、神様の栄光が現わされるからです。
 このたとえ話は、違った視点からも見ることができると思います。宝を見つけた人のように、ご自身すべてを私たちのために捧げてくださったお方がいるのです。私たちのために、ひとり子イエス・キリストさえも惜しまずに与えて下さっているのです。神様の目から見るとき、私たち自身もかけがえのない宝なのです。「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」(イザヤ43:4a)

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。