恵みと報い マタイの福音書 19章27~30節

富高 尚

 神様の恵みは、無条件で一方的なものなのですが、勤勉だと言われる日本人にとっては、ついつい信仰生活も頑張ってしまい、それを理解することは難しいのかもしれません。いつもイエス様のそばにいたペテロでさえ、すべてを捨ててイエス様に従って来たことに対する「報い」を求めているからです。(マタイ19:27)
 ただ、神様の恵みが、無条件だと言っても、何もしなくて良いといことではありません。神様の恵みは、救われた者に与えられる特権です。その恵みを自分のものとするためには、信仰によって救われることが必要です。それは、イエス様が、私たちの罪のために死んでくださり、葬られ、三日目によみがえられたことを信じ、これからの人生をイエス様に従って生きていく決心をすることです。ペテロも、「すべてを捨てて、あなたに従って来ました。」(マタイ19:27)と言っています。
 この「すべてを捨てて」とは、今の私たちにとって文字通り、親や子ども、家や財産をすべて捨てるということではありません。それは、いつも主を第一として、主に従うという意味です。マタイの16章で、イエス様が弟子たちに神様のご計画を話し、自分がエルサレムで多くの苦しみを受け、殺されると話し始められると、ペテロがイエス様をいさめ始めました。「主よ、とんでもないことです。そんなことがあなたに起こるはずがありません。」(マタイ16:22)と。その時、イエス様はペテロに「下がれ、サタン。」と叱責されましたが、イエス様はペテロをサタン呼ばわりされたのではありません。英語の訳で見ると、「わたしの後ろに下がりなさい。」「サタンの支配から抜け出しなさい」という意味です。イエス様は、自分を捨て、自分の十字架を負って、わたしに従って来なさい。」(マタイ16:24)と言われましたが、それは、自分の考えや思い、計画を優先させるのではなく、どんな時も、神様のご計画は何か、イエス様ならどうするかを考えてそれに従いなさいと教えれたのです。
 私たちは、常にイエス様の後ろに一歩下がって控え、心の王座を主に明け渡して従ってまいりましょう。たとえ、だれも見ていなくても、イエス様から示される神の御心に従ってすべてを行うなら、「隠れたところで見ておられるあなたがたの父が、あなたがたに報いてくださいます。」(マタイ6:4)

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。