新しく造られた者 Ⅱコリント5章15~19節

富高尚師

 イエス様を信じた者に与えれる、素晴らしい約束のみことばです。ですから、私たちはこのみことばを、そのまま信じて、受け入ればよいのですが、ついつい、自分はどこが新しくされたのか、以前の自分とどこが変わったのかと、その変化を捜してしまいがちです。そして、信仰生活が長くなればなおさら、全く変わっていない自分に失望したり、落胆したりしてしまいます。確かに、イエス様を信じて、劇的に変えられ、これまでの生き方が一変する人もいますが、このみことばは、決して私たちの外見や行いの事を言っているのではありません。私たちが、イエス様を信じて新しくされ、変えられたのは、私たちの「内なる人」です。見た目が、あるいは自分に対する思いが新しくされたとはとても思えなくても、聖書ははっきりとキリストにある者は新しくされたと宣言しているのです。このことを私たちはまず信じなくてはなりません。実際、私たちはイエス・キリストの十字架の贖いを信じて、救われ、この世の暗闇の力の支配から、御子の支配へと移されました。また、この世と共に滅びる者であったのに、神と共に永遠に生きる者へと変えられたのです。
 また、「新しく造られた者」は、自分のためにではなく、自分のために死んでよみがえった方のために生きる者です。人を外見で判断したり、その人の口から出る言葉によって一喜一憂したりしません。また、「新しく造られた者」は落胆しません。それは、第一に、たとえ外なる人が衰えても、内なる人は日々新たにされていること、第二に、今の一時の苦難とは比べものにならないほどの重い永遠の栄光を私たちにもたらして下さること、第三に、見えるものにではなく、見えないものに目を留めるという信仰に立っているからです。(Ⅱコリント4:16~18)
 大切なことは、私たちが自分の努力で「新しく」なるのではなりません。私たちのために、また、すべての人のために死んでよみがえられたイエス・キリストを信じる時、私たちと神様の関係が回復し、和解させられることによって、新しく造り変えられるのです。ですから、「これらのことはすべて、神から出ています。」(Ⅱコリント5:18)とある通りです。
 キリストが、私たちを神と和解させてくださった働きは、今、私たちに委ねられています。私たちは「新しく造られた者」として、この世の一時的な見えるものではなく、永遠に続く、見えないものに目を留めて、神様との関係を回復させるという、和解の務めを果たしてまいりましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。