礼拝メッセージ

2019/7/14 日曜日    「王を迎える」

高森基信師 〇私たちの心を支配し、治めている王はだれでしょうか?  イスラエルの民は他の国々(異邦の国々)と同じように王を立ててくださいとサムエルにお願いしました。このことは神の支配を拒む行為でした。

続きを見る

2019/7/7 日曜日    大切な人 ルカの福音書15章1~7節

富高美和師 「あなたがたのうちのだれかが羊を百匹持っていて、そのうちの一匹をなくしたら、その人は九十九匹を野に残して、いなくなった一匹を見つけるまで捜し歩かないでしょうか。」(ルカの福音書15:1~7

続きを見る

2019/6/30 日曜日    「神の国と神の義を第一に求める。」

美浜クライストチャーチ牧師 永井盛弘 テキスト:マタイの福音書6章33節  50数年前に、私は妻を通して、茨木キリスト福音教会に集うようになりました。妻は朝4時からの早天祈祷会には毎朝出席し、伝道集会

続きを見る

2019/6/23 日曜日    アバ、父 ローマ人への手紙8章15節

富高尚師  私たちは神様を「父」と呼んでいます。これは、世の中の人にとってはなかなか理解に苦しむことかもしれません。でも父だからと言って、神様が男性であるということではありません。神様には性別はありま

続きを見る

2019/6/16 日曜日    聖霊のバプテスマ

高森基信 使徒の働き2章1~13節 1. イエス様の命令と約束  ペンテコステは過越の祭りから数えて、50日目の出来事です。50日ということで、五旬節とも言われています。イエス様は弟子たちに、高き所か

続きを見る

2019/6/9 日曜日    御霊に導かれる人

富高美和師 「神の御霊に導かれる人はみな、神の子どもです。」 (ローマ人への手紙8:14)  私たちは、神様の恵みにより、行いによるのではなく信仰によって救われました。(エペソ2:1~5)そして、「①

続きを見る

2019/6/2 日曜日    「その一人子さえも」

高森博介師 テキスト:ヨハネの福音書3章16節  新聞に「ソルゲンスマ」とう新薬が開発された記事を読みました。小児麻痺などの治療に効果があるという薬だそうです。今までで白血病に効果があるという薬の値段

続きを見る

2019/5/26 日曜日    「立派な土台」第一テモテへの手紙6章17~19節

高森基信師 〇みことばによって土台を据える  イエス様が語られた山上の説教(マタイ5章~7章)の最後に、砂の上に建てた愚かな人と岩の上に建てた賢い人のたとえが説教の結びとして記されています。神のことば

続きを見る

2019/5/19 日曜日    母の愛を通して知る

富高美和師 「女が自分の乳飲み子を忘れるだろうか。自分の胎の子をあわれまないだろうか。たとえ女たちが忘れても、このわたしは、あなたを忘れない。」 (イザヤ49:15)  「母の日」は、今から約100年

続きを見る

2019/5/12 日曜日    神の国の福音 ルカの福音書4章42~44節

富高尚師  「福音」とは、イエス様の十字架の死と復活であり、罪の身代わりとしてのイエス様の死は、私たちにとって、神の恵みの福音であることは言うまでもありません。しかし、イエス様ご自身やバプテスマのヨハ

続きを見る

2019/5/5 日曜日    「聖霊を求める」ヨハネの福音書 14章16節

高森博介師  治安の良さがトップクラスである日本。シンガポールも治安において素晴らしい国ですが、日本の根底にあるものとシンガポールでは違いがあります。シンガポールでは法律で深夜の外出や集会時間が決めら

続きを見る

2019/4/21 日曜日    最高の捧げもの ヨハネの福音書 12章1~8節

富高尚師  イエス様は、ベタニアで死からよみがえったラザロと共に夕食の食卓についていました。そこに、マリアが来て、イエス様の足に純粋で非常に高価なナルドの香油を塗り、自分の髪でその足をぬぐいました。家

続きを見る

2019/4/14 日曜日    福音の正しい理解~復活~

富高美和師 「わたしはよみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は死んでも生きるのです。また、生きていてわたしを信じる者はみな、永遠に決して死ぬことがありません。あなたは、このことを信じますか。」(

続きを見る

2019/3/31 日曜日    罪・神・救い

高森博介師  先月のある朝、鏡を見てびっくりしました。こぶとりじいさんのように頬が腫れていたのです。原因が分からなく、病院に行かなければと心配していましたが、祈り、触っていたら次第に小さくなって、神様

続きを見る

2019/3/17 日曜日    信仰の父アブラハム ローマ人への手紙 4章16節

富高尚師  アブラハムは「信仰の父」と呼ばれ、神様から大いに祝福されました。また同時に、アブラハムの信仰に倣う人々も、その祝福が保証されると聖書には書かれています。私たちは、キリストを信じる信仰によっ

続きを見る