忠実であること(マタイ25:14~30)

 私たちは、信仰生活の中で「神様の考え」と「自分の考え」が違うということに気づかされる時が幾度もあります。私たちは自分の目に見える範囲で物事を判断し、行動しますが、神様は永遠の目で、永遠のご計画の中で物事を考えておられるので、そこに違いが生じます。
 私たちの考える以上に、神様のスケールは大きいのです。神様は私たちが母の胎にいる時から、いや、その前から私たちの人生のプログラマムを考えておられます。私たちは一時的なことにしか目を留めることは出来ませんが。神様は、私たちの将来をご存じで、その上で導いておられるのです。
 マタイ25章には、天の御国のたとえが書かれてあります。
 主人は、しもべたちを呼んで、自分の財産を預けて旅に出かけました。彼は、おのおのその能力に応じて、ひとりには5タラント、ひとりには2タラント、もうひとりには1タラント渡したのです。
 5タラント預かった者は、商売をして5タラント儲けました。また2タラント預かった者は、商売をして2タラント儲けました。
主人は、5タラント儲けた者にも、2タラント儲けた者にも等しくこう言われました。「よくやった。良い忠実なしもべだ。あなたは、わずかな物に忠実だったから、私はあなたにたくさんの物を任せよう。主人の喜びをともに喜んでくれ。」
主人は5タラント(3億)も2タラント(1億2千万)も「わずかなもの」と言われました。人間の目には金額に差があると感じます。しかし、神様の目から見たら、どちらも「わずかなもの」なのです。これは驚きですが、ここに神様と、私たちとの見方の違いがあります。
 「金も我がもの、銀も我がもの」と言われる方は、この世界すべてを支配されている天地万物の神です。神様は、私たちに「わずかなもの」を任せて下さいました。私たちの目には、人と比べて違いがあるかもしれません。しかし、神様の目には、どれも等しく「わずかなもの」にすぎないのです。
 5タラント、2タラント預けられた者たちが一生懸命働いた動機は「主人を喜ばせたい」というものでした。その結果は主人に忠実な者と認められ、「多くの物」を任せられるのです。しかし1タラント預かった者にはそのような心がありませんでした。他と比べ、その「差」にひがみ、主人に対して悪いイメージを持っていたのです。結果、5タラント、2タラント預けられた僕は、褒められ、もっと多くのものを任せられましたが、1タラント預かったしもべは主人の怒りを買い、持っているものまで取られました。
 神様は、私たちの心に「忠実さ」があるかをご覧になります。
たとえ、それが自分の考えと違っても、「神様を喜ばせたい」という動機を持ち、神様に全信頼をおいて従うなら、神様はあなたに沢山のものを任せて祝福して下さるのです。3億をわずかなものと言われる主が、「たくさんのものを任せよう。」と言われます。これは、計り知れない祝福です。私たちは最後まで、忠実に従っていきましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。