本当の自由

「まことに、まことに、あなたがたに告げます。罪を行っている者はみな、罪の奴隷です。奴隷はいつまでも家にいるものではありません。
しかし、息子はいつまでもいます。ですから、もし子があなたがたを自由にするなら、あなたがたはほんとうに自由なのです。」
                    (ヨハネ8:34~36)
イエス様が、私たちを自由にして下さいました。かつて私たちはは、罪と罪過の中に縛られていた者でした。この世の悪に流され、自分の心に対し、どうすることも出来ない人生を送っていたのです。
しかし、イエス様の救いを受け入れた時、私たちは罪の奴隷から解放され、滅びの道から天国への道へと導かれました。
「奴隷」は主人に対して絶対服従です。主人の言うことに従わなければ、捨てられるか殺されるか、という世界に生きています。しかし、いったん主人から自由を宣言されると、そのような恐怖から全く解放されるのです。
 このように、私たちも、イエス様によって自由が与えられました。
イエス様は、私たちを「罪の奴隷」から「義の奴隷」として下さったのです。
 ですから、どんなことがあっても、もう悪に悩まされることはありません。いつもキリストにあって義を行うことが出来るのです。
「もしあなたがたが、わたしのことばにとどまるなら、あなたがたは本当の弟子です。そしてあなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。」(ヨハネ8:31)
 私たちが御言葉に従っていくなら、私たちは「真理」を知り、「真理」が私たちを自由にします。「真理」とはイエス様のことです。
私たちは、イエス様の十字架の贖いによって救われ、聖霊によって導かれています。聖霊の力によって、信仰生活も勝利の生活をすることが出来るのです。私たちは、すべての問題の解決が「十字架」にあるということを知らなければなりません。十字架に「命」「赦し」「祝福」があります。そればかりではなく、十字架は、私たちに「神の子どもとなる特権」を与えてくれました。信仰により、この特権を行使することが出来るのです。
「私は、私を強くして下さる方によって、どんなことでもできるのです。」(ピリピ4:13)
 私たちは、私たちを強くして下さる方(全能の主)によって、何でもすることが出来ますから、感謝すべきです。聖霊様に導かれてすることは、すべてが益となることも感謝していきましょう。
「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益として下さることを、私たちは知っています。」(ローマ8:28)
 私たちは、色々な問題の中にあっても、もう罪には縛られていません。十字架により、私たちは悪に勝利し、自由が与えられ、義を行う
者と変えられました。本当の自由の中にいることを感謝しましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。