信じること

「イエスは彼が伏せっているのを見、それがもう長い間のことなのを知って彼に言われた。『よくなりたいか。』」 (ヨハネ5:1~9)

 エルサレムには、羊の門の近くにベテスタと呼ばれる池があり、5つの回廊がついていました。そして、その中には大勢の病人や盲人、足なえや、やせ衰えた者が伏せっていました。彼等は、その池の水が動くがいつ動くかと、じっと見ながら待ちかまえていました。
何故なら、主の使いが時々この池に降りてきて水を動かすのですが、水が動かされた後で最初に入った者は、どのような病気にかかっている者でも癒されたからです。
 そこに、38年もの間病気にかかっている人がいて、その人も皆と同様に、池の水が動くのをじっと待っていました。
 この状況は、今の世の中に例えることが出来ます。
多くの人が、「いつ自分に成功のチャンスが回ってくるか」と待ちかまえています。しかし、なかなかそのチャンスをつかむことが出来ずに悶々として生活をしています。また、誰もが「幸せになるチャンスをつかみたい」と思っています。しかし、思うとおりにはいかずに悩んでいるのです。心に病を持っている人は、良いチャンスが訪れたとしても、自分の心が邪魔をしてそれを生かすことが出来ません。
 この世界は、盲人(霊の目が開かれていない人)、足がなえている人(理想はあるが、行動が伴わず悩んでいる人)、やせ衰えた人(体力、気力がなく、何をやってもむなしい人)が溢れています。
 38年間病気で苦しんでいた人もそうでした。チャンスを自分のものに出来ずに失意の中にいたのです。彼は心の中で助けを求めて祈っていたのでしょう。イエス様は、彼の願いに耳を傾けられ、声をかけられました。「よくなりたいか。」
彼が、「主よ。私には水がかき回されたとき、池の中に私を入れてくれる人がいません。行きかけると、もう他の人が先に降りて行くのです。」とイエス様に嘆いて訴えると、イエス様は彼に向かって「起きて、床を取り上げて歩きなさい。」言いました。すると、その人はすぐに直って、床を上げて歩き出したのです。
 彼は、自分で池に飛び込む力はありませんでした。しかし、イエス様のことばに、力があったのです。そのことばに従った時、彼は、自分のうちに奇跡を見ることが出来たのです。
 私たちが、この世のチャンスを待ち望むのではなく、イエス様のことばに従っていくならば、神様の時に、思ってもみない方法で素晴らしい道が開けるのです。
 イエス様を信じるということは、新しく生まれ変わり、永遠のいのちが与えられ、神様の守りの中で生きるということです。
「信じる」ことに理屈はないのです。聖書は神様のことばです。
それを純粋に信じて生きるのです。もし、聖書のことばを最後まで信じきるなら、私たちは素晴らしい恵みを獲得することが出来るのです。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。