百人隊長の信仰(マタイ8:5~13)

 イエス様がカペナウムという所に入られた時に起こった出来事です。
 百人隊長がイエス様のもとに来、懇願して「しもべが中風で家に寝てひどく苦しんでいます。」と言いました。ここに百人隊長の人柄を見ることが出来ます。本来「奴隷」である者の為に百人隊長自らが動くことはありえないことです。「奴隷」は売り買いされていたので、役に立たないしもべは追い出されてもおかしくない状況でした。しかし、百人隊長は、このしもべを愛し、直してあげたいという一心でイエス様のもとに来ました。また、百人隊長がユダヤ人であるイエス様に懇願し頭を下げるのも可笑な光景です。何故なら、ローマ帝国の権威を持つ百人隊長の方がユダヤ人であるイエス様より立場が上であり、イエス様に命令するほうが当時の世の自然な流れだからです。
 しかし、彼はイエス様の数々の素晴らしい御業を知っており、この方こそ救い主であり、神の権威を持っていることを信じていました。
 イエス様はそのような百人隊長をご覧になり、「行って直してあげよう。」と答えられ、その必要を満たそうとされました。イエス様は、求めて来る者に必ず答えて下さるお方です。
 しかし、彼は「主よ。あなたを私の屋根の下にお入れする資格は、私にはありません。ただ、おことばを下さい。そうすれば、私のしもべは直ります。」と言ったのです。
 百人隊長は、百人の部下を持つ者として、「権威」について熟知している者でした。彼はイエス様の前に謙り、神様の権威に服従する姿勢を見せたのです。彼の内には、自分にはしもべの病気はどのような権威を持っても癒すことは出来ないが、この方なら全能なる神様の権威を持って癒すことが出来る、この世のすべてのもの(自然も病気も)がイエス様の権威に従う!という信仰がありました。
 イエス様は彼の信仰を見て「イスラエルのうちのだれにも、このような信仰を見たことがありません。」と賞賛され、「さあ、行きなさい。あなたの信じたとおりになるように。」と言われると、ちょうどこの時しもべの病気は癒されました。
 イエス様は「あなたの信じたとおり」と言われました。
百人隊長は、「私には出来ないが、神様には出来る!」と信じていました。そして、信じたとおりになったのです。
 彼は、自分は百人の部下を治める者であるが、イエス様は、万物すべてのものを統べ治める神の権威を持たれる方、この方が言われるなら、すべてがそのことばに従う、ということを知っていたのです。
これは素晴らしいことです。ですから彼は「おことばだけ下さい。」と言うことが出来ました。
 イエス様は、あなたのすべての思いをご存じです。そして、あなたの人生を最善へと導こうとされています。イエス様のもとに来るなら、すべての解決がそこにあるのです。私たちは、百人隊長のような信仰を持ち、全信頼をおいて従っていきましょう。私たちの信じるイエス様は、全てのものを支配し、治めておられる全能の神様です。