主は知っておられる(詩篇139篇)

 今は「情報の時代」と言われます。より多くの情報を得た人が、この世で成功し、幸いをつかむと言っても過言ではありません。しかし、そのようなすぐれた情報を得ることが出来るのは、特別の頭脳持つ人、またタイミングが良い人といった、ごくわずかな人です。
 しかし私たちは、それらよりも遙かに素晴らしい、人生において最も大切な情報を得ています。それは「神様からの情報(聖書)」です。 聖書の初めには「神がこの天と地を創造した。」と書かれてあります。これは重要な情報です。このことばによってクリスチャンになった科学者が数多くいます。さらに聖書は「この方によって造られなかったものはなにもない。」と言います。
 創造なる神様は、天と地を創造し、そして私たちをもお造りになりました。「それはあなたが私の内蔵を造り、母の胎のうちで私を組み立てられたからです。」(詩篇139:13)
 私たちを造られた方は、私たちの思い考え、全てご存知です。
「主よ。あなたは私を探り、私を知っておられます。」(139:1)私たちの全てを知り、私たちを愛し、そして、教会へと導かれたのです。私たちには、神様のご計画があるということを今日知りましょう。 教会は、私たちの必要を知り、満たして下さる方が満ち満ちておられる場所です。(エペソ1:23)
 神様は、私たちの目には見えませんが、全能の神様の力を信じ、信仰生活を続けるなら、かつてヤコブが見たように、ひとつのはしごが地に向けてかけられており、その頂は天に届き、神のみ使いがそのはしごをのぼり下りしているのを見ることが出来ます。
私たちには信仰が必要です。何故なら、信仰の世界において、私たちは天地を造られた全能なる神様の祝福を獲得するからです。
 神様は、あなたの心を知っておられます。あなたの行いが、どのような動機から出ているのか、すべてご存じです。ですから神様をあなどってはなりません。私たちは天地を造られた神様を恐れなければなりません。悔い改める時は、心から悔い改める必要があります。
 また、人が私たちを誤解する時もあります。誤解がこじれた関係を生み出すこともあります。しかし、神様はすべてをご存じなのです。その誤解は、最期の審判の時に明らかにされ、イエス様が「正しい裁き」を行われるのです。
 偶像に騙されてはなりません。偶像は所詮、人の手によって作られた物なので、私たちを助けることは出来ません。あなたを知ることも出来ません。偶像には力はないのです。偶像にいくら願っても作られたものなので、聞く耳もなく、あなたの願いは地に落ちるのです。
 あなたのことをよく知り、あなたを助けて下さるのは、この天地を造られたまことの神である主、ただお一人です。
 この方を知るためには、私たちは新しく生まれなければなりません(ヨハネ3章)。イエス様によって新しく生まれた者は、神の国に入ることが出来、天に名を記されることになります。
 私たちは、神様に愛され、そしてこの地に生み出されました。あなたの事全てを知る方が、共におられることを心から感謝しましょう。