「神の国」に生きる

 イエス様を信じる人は、新しく造られた者であり、神の国に籍を置き、「神の国」に存在する者です。
では、「神の国」は、どこにあるのでしょうか。
聖書には、「神の国はあなたがたのただ中にある」と書かれてあります。つまり、神の国は私たちの心の中にあり、この神の国は永遠に続くということなのです。イエス様を信じ受け入れ聖霊によって新しく造られた者は、神様の御言葉に従うことによって、新しい人格へと変えられていきます。
「あなたがたが新しく生まれたのは、朽ちる種からではなく、朽ちない種からであり、生ける、いつまでも変わることのない、神のことばによるのです。」(ペテロⅠ 1:23)
 今までの悪習慣、古い自分はもう葬られたのです。新しくされた者は古い自分に悩む必要はありません。イエス様が十字架の上で、あなたのすべての過去の罪を背負い、罪の鎖から解放して下さったのです。ですから、解放された者は、イエス様に感謝しつつ、イエス様のように神様の御言葉に従い、神様の御心に従うのです。
「ですから、あなたがたは、すべての悪意、すべてのごまかし、いろいろな偽善やねたみ、すべての悪口を捨てて、生まれたばかりの乳飲み子のように、純粋な、みことばの乳を慕い求めなさい。それによって成長し、救いを得るためです。」(ペテロⅠ 2:1,2)
 新しく生まれても、御言葉の乳を飲まなければ、「霊的成長」をすることは出来ません。サタンの攻撃に負け、いつまでも同じところで悩まなければなりません。(過去の罪の繰り返し、人間関係、経済面の悩み…etc) 私たちは、御言葉に従い、「神の国に生きている」という強い信仰を持たなければなりません。悪魔のささやきに信仰の大盾、御言葉の剣で立ち向かうのです。すでに十字架で勝利された神様は、私たちにも、勝利する力を与えて下さっているのです。私たちの心を神様に支配していただきましょう。御言葉はあなたを素晴らしい人生へと導き、神の国に生きる者として、更に祝福して下さいます。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。