エリヤの信仰(Ⅰ列王記17:1~16)

 エリヤという人物を見るとき、私たちは「信仰に働く神の力」を垣間見ることが出来ます。彼は、神様の御心を完全に行った人です。 旧約聖書の中で、死を見ずに天に引き上げられた人が2人います。
一人目はエノク。彼は神と共に歩み、いつも喜び、絶えず祈り、その生き方は人々に証されていました。
そして、二人目が今日注目するエリヤです。この17章は、エリヤが北イスラエルの王であるアハブに対し、偶像礼拝に対する非難と神様の裁き、悔い改めを迫る場面から始まります。
エリヤは「私のことばによらなければ、ここ2、3年の間は露も雨も降らないであろう。」と大胆発言しました。パレスチナ地方では雨期と乾期が繰り返し訪れていたので、雨が降らないということは絶対にありえないことでした。しかし、彼のことば通り、およそ3年半の間その地には露も雨も降らなかったのです。
この事を通して、神様とエリヤとの関係がどれほど密であったかということが分かります。エリヤは常に神のことばを語りました。
次に、主のことばがエリヤに語られます。「ケリテ川のほとりに身を隠せ。~わたしは烏に、そこであなたを養うように命じた。」
なんと、烏がエリヤを養うという、考えられない計画を耳にします。しかし、そのことばにもエリヤは忠実に従いました。神様のおことば通り、烏が朝に夕にパンと肉をエリヤのもとに運んで来て、彼はケリテ川の水が枯れるまで、生きることが出来ました。
次にまた主のことばがありました。「シドンのツァレファテに行き、そこに住め。見よ。わたしは、そこにひとりのやもめに命じて、あなたを養うようにしている。」
 その町に行くと、門で薪を拾い集めている女性がいました。彼は「主が用意して下さったやもめはこの女性だ!」と思い、声をかけました。しかし彼女を見ると、人を養えるような様子にはとても見えません。事情を聞けば、彼女は一握りの粉とほんの少しの油でパンを焼き、息子と一緒に死のうとしていると言うではありませんか。
しかしエリヤは、神様のことばを信じ、言いました。「恐れてはなりません。まず、私のためにそれで小さなパン菓子を作り、私のところに持って来なさい。それから後に、あなたとあなたの子どものために作りなさい。イスラエルの神、主が、こう仰せられるからです。『主が地の上に雨を降らせる日までは、そのかめの粉は尽きず、そのつぼの油はなくならない。』」
 彼女は、それを聞き、エリヤのことばの通りを行いました。すると、どうでしょう。彼女のかめの粉は尽きず、そのつぼの油はなくなることはりませんでした。彼女とその家族は主によって養われたのです。
 エリヤは、絶対にありえないと思うことでも、神様に言われたことは恐れることなく、忠実に人々に語りました。ここにエリヤの絶対的な信仰を見ることが出来ます。彼は100%神様のことばを信じました。その信仰によって多くの奇跡と不思議な業を行うことが出来たのです。彼には、聖霊による確信がありました。
 今は聖霊様の働かれる時代です。どんな時も聖霊様によって信仰の確信をいただいて参りましょう。信仰によって多くの奇跡を見ます。