ベテスダの池 (ヨハネ5章1~9)

 天地創造の際も、イエス様がこの地上で働かれる際も、イエス様が語られると、その通りのことが起こりました。
 さて、エルサレムには、羊の門の近くにベテスダ(「恵み」という意。)と呼ばれる池がありました。昔からの言い伝えでは、時々主の使いがこの池に降りてきて、水を動かすのですが、水が動かされた後に最初に入った者は、どのような病気にかかっていても癒される、とされていました。ですから、その池の周りには大勢の病人、足のなえた者、やせ衰えた者たちが伏せっていました。
 この世の中も、多くの病人が救いを求めています。肉体の癒しはもちろんのこと、今は心に病を持った人も大勢います。
また、罪の生活から抜けられず、悩んでいる人もいます。これらの人は皆、生きる目的、生きる力、生きる希望を失っている人々です。
 しかし、神様はそのような人々に、ベテスダの池を与えて下さっています。それは「神のことば」つまり「聖書」です。その池は常に神様の御臨在があり、波が立っており、いつでもその池に飛び込むと肉体も心もすべて癒され、生きる希望と力が与えられるのです。
 38年もの間、病気に伏せっている人がいました(5:5)。池の水がかき回された時、誰よりも先に入ろうと思うのですが、彼は足が萎えていて、思うように動くことが出来ません。いつも人に先を越され、38年もの長い年月を、失望の中で過ごしました。
 イエス様は彼を見、長いこと病気で伏していることを知り、「よくなりたいか?」と言われました。イエス様は、彼の全てをご存じでした。どのような理由で、またどのぐらいの期間、どのような病に冒されていたかを。そして更にイエス様は言われました。「起きて、床を取り上げて歩きなさい。」すると、その人はすぐに直って、床を取り上げて歩き出したのです。「すぐに」です。
 最初、彼は池に入れない理由を並べ立てていました。人のせいにしていました。病にあることはしょうがないことだと思っていました。しかし、イエス様の「起きて床を取り上げて歩きなさい。」ということばを聞いた時に、すべての思いを改め、人に頼るのではなく、イエス様のことばに従って自分自身で歩くことを決意したのです。そこに神様の奇跡が起こりました。「すぐに」が大事なポイントです。
 神様のことばは真実です。神様のことばに素直に従うならば、奇跡を見ることが出来ます。
 今は聖霊様が働かれる「恵みの時」です。
イエス様を信じる者は、新しく変えられ、救われ、永遠のいのちが与えられる、今は「ベテスダ」の時なのです。何と素晴らしいことでしょう。「信じる」ことは、ベテスダの池に飛び込むことと同じです。信じるなら、そこに恵みが注がれ、神様の祝福を受けることが出来るのです。
 イエス様が、あなたに「床を取り上げて歩きなさい!」と言われれた時、どのような問題の中にあっても、イエス様のことばを信じて従って下さい。そうするならば、あなたは人間には考えることの出来ない、素晴らしい祝福、問題の解決をいただくことが出来るのです。