「救い」とは(永井信義師)

「~もしアブラハムが行いによって義と認められたのなら、彼は誇ることができます。しかし、神の御前では、そうではありません。~何の働きのない者が、不敬虔な者を義と認めて下さる方を信じるなら、その信仰が義とみなされるのです。~」(ローマ4:1~8)
 私たちは聖書の価値観を持って生活します。しかし、この世は必死に「この世の価値観」を刷り込んでこようとします。ですから、私たちは「自分がどのような存在か」「どのようなところから救われたのか」「神様の救いはどういうものなのか」ということを、いつも明らかにしておく必要があるのです。そうでなければ、私たちは間違った救いの方法を自分たちで作り出してしまう危険性があるからです。
たとえば、「行いによって救われる」という考え方です。
 しかし、パウロは何度も口を酸っぱくして言っています。「救われるために、私たちの行いは何一つ、何一つ必要ない」ということ。
 ここに、アブラハムとダビデがどのようにして救われたかが書かれてあります。「それでアブラハムは神を信じた。それが彼の義とみなされた。」「不法を赦され、罪をおおわれた人達は幸いである。主が罪を認めない人は幸いである。」と。
 アブラハムは、「多くの国民の父になる」という神のお言葉を信じて故郷離れ、約束の地へと向かいました。信仰生活とは、「神様以外のもの(神様よりも大切にしているもの)から離れる」という生活です。しかしアブラハムにはなかなか子供が与えられません。それもそのはず、アブラハムもサラも年をとっていたからです。しかし、神様はアブラハムを天幕の外に連れ出し、満天の星を見せ、「あなたの子孫はこのようになる。」と約束されました。その時アブラハムは、今の状況ではなく、神様のことばを信じました。その信仰が、「義」と見なされたのです。神様の「救い」は行いではなく信じる時に与えられるものです。これは確かな真実です。
 アブラハムもダビデも「不敬虔」(神がいないかのように行動してしまうこと)なものでした。アブラハムは約束を待てずに自分で行動し、失敗しました。ダビデは姦淫を犯してしまいました。しかし、彼らが悔い改めた時、神様は愛と哀れみをもって赦して下さいました。 彼らの行いが良かったから「義」と認められたわけではなく、本当に神の愛により「信仰」によって救われるのです。「赦し」がなければ神様の前に立つことは出来ません。今生きる私たちは、罪を悔い改め、イエス様の十字架のあがないを受けて初めて神様の前に立つことが出来るのです。(詩篇103:10~14)(ミカ書7:18~20)
 神様は、私たちの咎を踏みつけて、すべての罪を海の深みに投げ入れて下さる方です。私たち人間は弱い生き物です。弱さの故に不敬虔な行動をおこすことがあるかもしれません。しかし、神様は私たちを愛し赦して下さる方です。日々悔い改め、神様の御前に立ちつづけましょう。「神様を愛する」ことの究極は、「神様の愛を受け取る」ことです。私たちが本気で「私は神様に愛されている!」と信じる時、それが「神様を愛する」ことにつながるのです。
 私たちは愛されています。心から神様の愛と救いを信じましょう。