ねたむほどの愛の中で

「~このように、あとの者が先になり、先の者があとになるものです。」(マタイの福音書20:1~15)
 イエス様は、天の御国の例えを色々な形で話されましたが、ここでは「天の御国は、自分のぶどう園で働く労務者を雇いに朝早く出かけた主人のような者です。」として話されています。
 ぶどう園の主人は朝早く出かけ、1日1デナリの約束をして労務者を雇いました。その後に、9時、12時、3時、5時に出て行って同じようにして労務者を雇いました。夕方になり、ぶどう園の主人は監督に言って5時に雇われた者達から賃金を払いました。彼らはそれぞれ1デナリ(1日分の賃金)づつを受け取り、喜んで帰りました。それを見ていた他の人々(朝早く、9時、12時、3時、に雇われた者達)は、彼ら以上の賃金を期待しましたが、朝早く雇われた者達も同じように1デナリをもらいました。朝早く雇われた者達は非常に憤り、自分たちは汗水垂らして長時間働いたのに不公平だ!と主人に訴え出ました。しかし、主人は「私は、あなたに何も不当なことはしていない。あなたと私は1デナリの約束をしたではありませんか。自分の分を取って帰りなさい。ただ私としては、この最後の人にも、あなたと同じだけ上げたいのです。」と言って彼らを家に帰しました。そして言われたのです。「あとの者が先になり、先の者があとになるものです。」と。
 この話の「先の者」は、律法学者達やパリサイ人を表します。彼らは救われるために、律法を厳格に守り、それ故に自分たちは特別なんだというプライドを持って生きていました。しかし、イエス様は異邦人にも、罪人と言われる人、遊女達にも声をかけ、福音を伝えました。イエス様の恵みはすべての人に同じように注がれたのです。しかし、律法学者やパリサイ人は先に恵みを知っていたはずなのに、自分の行いやプライドによって福音を受け入れませんでした。反対に、罪人と言われる人たちは、この恵みが与えられたことを喜び、福音を感謝して受け取ったのです。
 神様の救いの御手は、12時になっても、3時になっても、5時になっても、雇ってくれる人がおらず、失望の中にいる人々の所にまで伸ばされます。
 この箇所において、「神様の恵みは、立派な行いによるのではなく、恵みによる」ということが分かってきます。「1デナリ」とは、完全な救いを表します。5時にぶどう園に行った労務者は、多くの報酬を期待しませんでしたが、完全な救いを受けることが出来たのです。
先に救われた人は、後に救われた人をねたむことがあるかもしれません。しかし、神様の愛はすべての人に注がれる愛なのです。 
 預言者であるヨナは、ニネベをねたみました。何故なら、ニネベの民は、神様に対して罪を犯していたのに、ヨナの預言によって彼らが悔い改め、裁きをまぬかれたからです。ヨナは神様に対し怒りましたが、神様は彼に「わたしはすべての者を愛している」ということを示されました。
 神様の愛は、すべての人に注がれています。人がねたむほどの愛の中に、生かされていることを日々感謝していきましょう。