4人の友の信仰

「~すると、彼は起きあがり、すぐに床を取り上げて、みなの見ている前を出て行った。それで、みなの者がすっかり驚いて、『こういうことは、かつて見たことがない』と言って神をあがめた。(マルコ2:1~12)
 イエス様がカペナウムに来られると、そのことが知れ渡り、イエス様が居られた家は戸口まで人で溢れかえりました。
 そこに中風の人が4人の友人の人にかつがれて連れてこられましたが、家には入る隙がありません。そこで彼らは屋上に行き、その家の屋根をはがして穴をあけ、そこから中風の人を寝たまま床をつり降ろしました。世間的には非常識な行動に見えますが、彼らの「どうしてもこの中風の友人をイエス様によって治していただきたい!」という思いがそのような行動を起こさせました。
 イエス様は、彼らの信仰を見て喜ばれ、中風の人に向かって「子よ。あなたの罪は赦されました。」と宣言されました。一見、病の癒しを求めて言ったのに、罪の赦しの宣言をいただくというのは、全然関係のないもののように思います。しかし、イエス様はその中風の人の心の底を見て、そう言われたのです。彼の心の底にある「罪」が彼の身体をむしばんでいること、彼にとって一番な必要がこのことばであることをイエス様はご存知でした。
 そのことで、その場にいた律法学者たちは「この人は、神を汚している。神お一人のほか、だれが罪を赦すことが出来よう。」と憤慨しました。またそのことでイエス様を責めようとしました。
 しかし、イエス様はそのような律法学者達の心を見抜き、彼らを戒められました。そして、イエス様ご自身が、地上で罪を赦す権威を持っていることを知らせるために、彼らの目の前で、中風の人を即座に癒し、神様の業をお見せになりました。中風の人は、すぐに床を取り上げてそこから出て行きました。このことは、見ていた人々を驚嘆させ、神様をあがめずにはおられない、そのような奇跡となりました。
 イエス様は、「罪の赦し」を与える権威を持つ全能なる神様です。「罪」の問題の解決は、イエス様のもとにしかありません。
「この方以外には、だれによっても救いはありません。天の下でこの御名の他に、私たちが救われるべき名は人には与えられていないからです。」(使徒4:12)
 罪からの救いは、「行い」ではありません。その人のイエス様に対する信仰によって得ることが出来るのです。
 この4人の友達の「信仰」をイエス様は見て下さいました。彼らはイエス様のところに何とかして連れて行きたいと考え、行動しました。イエス様の元に救いがあると確信していたからです。そこに、神様の力が現されました。
 私たちは、信じるなら、必ず神様の栄光を見ることが約束されています(ヨハネ11:40)
 今、私たちに必要なのは、イエス様を信じる信仰です。どうか、これからの信仰生活も、主にあって確信あるものとしていきましょう。