あなたの隣人(小さないのちを守る会)辻岡健象師

 イエス様は、「互いに愛し合う」と言われました。私たちは、イエス様が語られた例え話の中で、「闇から輝く光」を見い出すことが出来ます。
 ある律法の専門家がイエス様を試そうとして「何をしたら永遠のいのちを自分のものとして受けることが出来るでしょうか。」と尋ねました。イエス様は「律法には何と書いてありますか。あなたはどう読んでいますか。」と質問仕返しました。彼が「『心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』また『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』と書いてあります。」と言うと、イエス様は、「そのとおり。それを実行するならあなたはいのちを得ます。」と答えました。その人は更にイエス様に詰め寄ります。「では、私の隣人は一体だれのことですか?」
 そして、イエス様の「サマリヤ人」の例えが始まるのです。
「ある人がエルサレムからエリコへ下る道で、強盗に襲われた。強盗どもは、その人の着物をはぎ取り、なぐりつけ、半殺しにして逃げていった。そこに祭司が通りかかったが見て見ぬふりをして行ってしまった。同じように、レビ人も通り過ぎてしまった。ところがある(ユダヤ人とは犬猿の仲である)サマリヤ人が、旅の途中、そこに来合わせ、彼を見てかわいそうに思い、宿屋に連れて行き介抱してやった。次の日、彼はデナリ2つを取り出し、宿屋の主人に『介抱してあげて下さい。もっと費用がかかったら、私が帰りに払います。』と言った。この3人の中でだれが、強盗に襲われた人の隣人になったと思いますか。」イエス様の問いに、その律法学者は「その人にあわれみをかけてやった人です。」と答えました。すると、イエス様は「あなたも行ってそのようにしなさい。」と言われました。 
 ユダヤ人とサマリヤ人は関わり合うはずのない関係でした。しかし、このサマリヤ人は傷ついたユダヤ人の為に寝ずの看病をしました。そればかりではなく、宿賃を払い、介抱を頼みました。ここに「実践の愛」を見ることが出来、ボロボロになったユダヤ人の身体に「いのちの輝き」が生まれていることを知ることが出来るのです。
 この時代「命」が軽視されている現実があります(中絶、自殺、いじめ、暴力)。特に、小さい命が守られていない状況です。しかし、私たちは、中絶をした人、周りの家族、医師を決して裁いてはいけません。イエス様の愛をもって彼らに接していく必要があるのです。彼らにも癒しが必要だからです。
 私たちは、天地を造られた神様が与えられた命を重いものとして受け止め、互いに愛し合う「隣人への愛」を持って命を守り、輝かせていきたいのです。
 このサマリヤ人は「イエス様」です。イエス様の「愛」は闇から命を輝かせます。イエス様は犠牲を払って隣人を愛されたのです。
 神様の前で「自分の為だけにしか生きてこなかったではないか。」と後悔するのではなく、「やるだけやったけど駄目でした!」と言える者でありたいのです。さあ、行ってあなたの隣人を愛しましょう。