Never give up!~決して、あきらめるな!~(富髙美和師)

 「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」(ヨハネの福音書3:16)

 神様は、愛するひとり子であるイエス様をこの世に送り、十字架につけるほどに私たちを愛して下さいました。神様は、今、この瞬間も人々の「救い」に対し、決してあきらめておられません。ひとりでも多くの人が罪の支配から救われるようにと、忍耐し、今、激しく聖霊の力を持って働いておられます。
 神様の思いは、いつも人々の「救い」にありました。
ある時は、箱舟によって、ある時はモーセを遣わして。(十戒を守る、いけにえを捧げる、預言者のことばetc…)
しかし、多くの人々は傲慢によって、救いのチャンスを逃してきました。神様は、何度も何度も救いの御手を伸ばして下さっていたのに、人間は自分勝手に生きる道を選んだのです。それゆえ、時代が進むにつれ、人々の間には愛が薄れ、罪が蔓延し、どうしようもない状況になってしまいました。今の時代、滅びに至る道を進んでいる人があまりにも多いのです。
 しかし、神様はあきらめません。今から約2000年前、愛するひとり子を私たちの罪の身代わりとして十字架につけるために、この地に遣わされたのです。最後の最後に、神様は「信じるだけで救われる」という、いとも簡単に救われる方法を私たちに与えて下さったのです。
 滅びに至る人々を、救いに導きたいという神様の「あきらめない心」がそれほどまでに深いのです。神様はあなたに対して、あなたの家族に対して、あなたの将来に対してあきらめておられません。ですから、私たちも「あきらめない!」と決心するのです。今願っていることに対して、癒しに対して、与えられているビジョンに対して、絶対無理だと思える人の救いに対して・・・。真剣に祈らなければなりません。
「あきらめない!」と決心してから必要となる力が3つあります。
①忍耐力「あなたがたが神のみこころを行って、約束のものを手に入れるために必要なのは忍耐です。」(へブル10:36)人は、いつ与えられるか分からないものに対し、待つことに困難を覚えます。しかし、神様は約束されたことを必ず実現します。②不信仰に打ち勝つ力「身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、食い尽くすべきものを捜し求めながら、歩き回っています。」(第一ペテロ5:8)③希望を抱き続ける力「~あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。」(エレミヤ29:11)
 私たちの力は弱いです。しかし、私たちは聖霊様によって強められるのです。私たちはあきらめません。信仰により、奇跡を見ます!