すべてのことを益となしたもう神(高森恒喜師)

「雀の一羽でも、あなたがたの父のお許しなしには地に落ちることはありません。また、あなたがたの頭の毛さえも、みな数えられています。」(マタイ10:29-30)

 雀の一羽、髪の毛の一本さえも、創造主なる神の御手の中にあり、神のお許しなしに地に落ちることはありません。
 聖書の示すこの真理は、全ての物事が創造主なる神のご計画の中にあること、また、私たちの人生の細部にまで神の配慮が行き届いていることを私たちに教えます。
 私たちの人生には、様々な出来事が起きて来ます。それは私たちにとって喜ばしいことだけではありません。むしろ、悲しいこと、辛いこと、理解に苦しむことのほうが多いかもしれません。またそれらの事態は自分の失敗や、他人の失敗、また不慮の事態によってもたらされていることもあるでしょう。そして、それらの出来事は何の脈絡もなく起こってきているように思えるでしょう。しかし、それら全てが神の許しの中で起こって来ており、それらの全てを神様が用いて神のご計画を進めておられるのです。その計画は「わざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与える」(エレミヤ29:11)計画なのです。そのことを知ることは私たちにとって大きな慰めであり、大きな希望を与えるでしょう。
 しかし、実際に困難を経験させられている間は、そのような真理を分かってはいても、悲しみや、疑いに押しつぶされそうになることもあるでしょう。そのような中で大切なことは、日々の生活の中で「いつもイエス・キリストを思う」(Ⅱテモテ2:8)ことです。目には見えないけれども、いつもあなたとともにおられ、あなたを強め、励まし、導いておられるイエス様に意識を向ける習慣をつけるのです。主の教えを喜びとし、昼も夜もその教えを思い巡らすのです。そのような霊的な良い習慣の中でこそ、「患難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出す」(ローマ5:3-4)という聖書の言葉が現実のものとなり、今あなたが経験しておられる困難はあなたにとって大きな宝となるのです。あなたはそこから多くの良きものを得、霊的な成長を遂げるのです。
 
「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」(ローマ8:28)