ノアの箱舟

「これはノアの歴史である。ノアは、正しい人であって、その時代にあっても、全き人であった。ノアは神とともに歩んだ。~」(創世記6:8~22)

 神様は、地上に悪が増大し、その心に計ることがみな、いつも悪いことだけに傾くのをご覧になり、地上に人を造ったことを悔やまれました。そして、神様が創造したすべてのものを洪水によって滅ぼすと宣言されたのです。
 神様は、ノアにすべての考えを伝えられました。それは、ノアが神様の前に正しく、全き人であったからです。
 箱舟の長さ、高さ、幅、素材に至るまで、細かく指示され、ノアはすべて神様の命じられたとおりにし、そのように行いました。
雨も降らない乾燥地帯に、大きな舟を造るということは、常識的に考えられないことでした。しかし、彼は作り始めたのです。
そして、箱舟は神様の設計の通りに完成しました。 
神様はご自分の宣言通り、40日40夜雨が降り続け、ノアの家族と動物だけを救い、すべてのものは滅びました。
 ノアの時代の大洪水は、歴史の事実として起こったことであることが、世界遺産であるグランドキャニオンに行くと、地層や化石によってはっきりと確認することが出来ます。
神様は、大洪水によって世界を新しくされました。
「ノアの大洪水」は、「古いものが過ぎ去って、すべてが新しくなる」という「バプテスマ」を暗示しているとも言われています。
 私達は、自分の頭で考えて、自分で理解出来るところだけを受け入れようとします。しかし、神様は、私達の理解をはるかに超えて、ご自身のご計画を遂行されます。
 聖書の歴史を見ていく時に、私達の常識を超えた神様の力、そして神様のご計画を知ることが出来ます。
 ノアは、神様によって選ばれました。私達も神様によって選ばれた者です。ノアが状況に左右されず、神様の命令に従ったように、私達も問題に囚われずに一歩踏み出すなら、神様が力を与えて下さるのです。私達が行うことは、信仰を持って主に期待し、一歩踏み出すことです。
 すべてが神様の御手の中にあることを心から感謝しましょう。