知られない神(使徒17:16~34)

 日本は、昔から福音伝道のために多くの宣教師が遣わされて来ました。今でも、世界中で祈られ、注目されている国です。それにも関わらず、未だにキリスト教信者数が日本人口の1%にも満たない、というのは不思議なことですが、神様のご計画されていることは、私たちには分かりません。何か神様のご計画があり、神様の時があるのだと思わずにはいられません。
 使徒17:16~34には、ギリシャのアテネで起こった出来事が書かれています。
 ギリシャは哲学の発祥の地で知られています。彼らは知的に神を考え、沢山の神々を作り出しました。町は彼らの考えた偶像でいっぱいになっていたのです。そこにパウロが訪れた時、「知られない神に」と刻まれた祭壇があるのを見つけました。
 ギリシャ人は多くの神々を作り出しました。しかし、まだ自分達の知らない神がいるかもしれない、そのような不安から「知られない神に」という祭壇を作り出したのでしょう。
 パウロは、彼らが知らずに拝んでいる「知られない神」について教え始めました。
「この世界とその中にあるすべてのものをお造りになった神は、天地の主ですから、手でこしらえた宮などにはお住みになりません。また、何かに不自由なことでもあるかのように、人の手によって仕えられる必要はありません。神は、すべての人に、いのちと息と万物とをお与えになった方だからです。~」(使徒17:24~29)
 パウロは、「いのち」そのものを注ぎ出すことの出来る、本物の神様について聖書から語ったのです。
 そして、パウロは「神は、そのような無知の時代を見過ごしておられましたが、今は、どこででもすべての人に悔い改めを命じておられます。」(使徒17:30)と言って、悔改めが必要であることを伝えました。
 私たちは、悔い改めて、イエス様の十字架の贖いと復活を信じる時に、新しいいのちをいただくことが出来ます。
 神様によって、新しくされた私たちは、聖書によって新しい歩みを確かなものとすることが出来ます。重要なことは、「聖書が何と言っているか」なのです。
 「ここのユダヤ人は、テサロニケにいる者たちよりも良い人たちで、非常に熱心にみことばを聞き、はたしてそのとおりかどうかと毎日聖書を調べた。」(使徒17:11)
 偶像信仰には意味がありません。それは、人が作り出した物に過ぎないからです。しかし、聖書は天地を造られ、私たちを造られた神様のことばです。このことばに従っていくのです。
 私たちは、まことの神様を知っています。天地を造られた、全能なる神様が、私たちと共にいて下さることを感謝しましょう。