ペンテコステ

「わたしは父にお願いします。そうすれば、父はもうひとりの助け主をあなたがたにお与えになります。その助け主がいつまでもあなたがたと、ともにおられるためにです。」(ヨハネ14:16)
 聖霊様は「助け主」として、私たちのもとに来て下さいました。
この助け主は、私たちに「真理」を教え、悟らせて下さいます。(14:17、26)
 使徒の働き2章に、イエス様の約束を信じて、祈り求めていた弟子達の上に聖霊が下った、という記事が書かれてあります。
この事実が、全世界に福音が述べ伝えられる発端となりました。彼らは聖霊によって力を受け、変えられたのです。イエス様の御言葉が成就した瞬間でした。「しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」(使徒1:8)
 イエス様は、生きておられるので、その約束は必ず成就するのです。
イエス様は、十字架にかかって死なれましたが、三日目によみがえられらたのです!
 そして、ペンテコステの日に聖霊の火が注がれました。弟子達は、異言を伴う聖霊のバプテスマを受けたのです。
 聖霊様は、いつも私たちと共にいて下さいます。すべてをご覧になり、すべてをご存知です。だから、私たちは平安なのです。
 自我が砕かれる時、聖霊の力が注がれます。そして、自分中心の生活ではなく、神様中心の生活に変えられるのです。
 聖霊を与えると神様は約束して下さっているので、私たちは感謝して受け取るだけでいいのです。(しるしとして異言を語りました。)
「してみると、あなたがたも、悪い者ではあっても、自分の子どもには良い物を与えることを知っているのです。とすれば、なおのこと、天の父が、求める人たちに、どうして聖霊を下さらないことがありましょう。」(ルカの福音書11:13)
 ですから、私たちは、ただ感謝して受け取るのです。
聖霊を求める時には、「感謝します。ありがとうございます。ハレルヤ!」と言って感謝していると、約束ですから必ず与えられるのです。
 聖霊を受ける時、私たちは力を受けます。自我が砕かれ異言が出てくるのです。そして、思いが変えられます。主の証人となり、大胆に福音を宣べ伝える者となります。
 感謝して受け取りましょう。そして、いつも聖霊に満たされ、神様の栄光を現していきましょう。聖霊様はあなたと共におられます。