御霊によって歩みなさい

 「私は言います。御霊によって歩みなさい。そうすれば、決して肉の欲望を満足させるようなことはありません。」(ガラテヤ5:16)
 パウロはガラテヤ5章において、「自由」と「愛」と「律法」について書いています。
 当時は、「律法主義」を唱え、律法によって縛られた生活をしている人たちがいました。その中には、「ユダヤ人でない者も、割礼を受けなければ救われたとは認めない、神の民と認めない」と言う者が出てきて、「救い」の定義に関する混乱が見られるようになりました。ですから、パウロは「兄弟たち。あなたがたは、自由を与えられるために召されたのです。ただ、その自由を肉の働く機会としないで、愛をもって互いに仕えなさい。」と語り、「私たちは律法から解放されている」と宣言しています。
 律法(出エジプト記20章)とは、神様の知恵です。
律法によって、私たちの心が照らされた時、私たちは自分が「罪人である」と認めるようになるのです。罪の原因は、「神様から離れた」ことから始まります。聖なる神様から離れると、私たち人間は弱いので、すぐに罪を犯してしまうのです。 
 しかし、私たちが「律法」によって、示された罪を悔い改め、イエス様を信じた時に、新しい心が与えられ、新しい人生が与えられたのです。イエス様によって、罪の生活から解放され、自由になったのです。
 「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。」(IIコリント5:17)
 私たちは、私たちを完全に新しくして下さったイエス様(つまり聖書)が言われることに耳を傾け、生きていくのです。
 霊の戦いは、心の中で起こります。サタンは、あなたの生活を堕落させようとして誘惑して来ます。しかし、騙されてはなりません。
聖書は何と言っているか、神様は何と言われているか、そこに目を留めて、御言葉の剣によって戦い、勝利を治めるのです。
 私たちのうちにおられる聖霊様が、戦い方を教えて下さいます。そして何が良いことで何が悪いことかを判断する力を与えて下さるのです。神様の御言葉に耳を傾け、御霊によって歩む生活がどんなに素晴らしいものであるか、日々体験する者でありましょう。