信じる生活(ルカ8:22~25)

 イエス様が「さあ、湖の向こう岸へ渡ろう」と言われ、弟子たちはガリラヤの向こう側のゲラサ人の地方に行くため、舟を出しました。
 ところが、舟で渡っている間、イエス様はぐっすり眠ってしまわれたのです。そこに突風が湖に吹きおろしてき、水をかぶって危険を感じた弟子達は、慌ててイエス様のところに行き、「先生、先生。私たちはおぼれて死にそうです」と訴えました。イエス様が、一緒に舟に乗って下さっているにも関わらず、突風が来た途端、弟子達の心に「恐れ」がやって来ました。
 これは、霊の世界においても言えることです。
 私たちは、天の神様を見てはいないけれども、信仰によって受け入れ、救われました。信仰の世界は「信じる」世界です。
「イエス様の十字架と復活、」「魂の救い」「天国の存在」これらは全部信仰の世界です。私たちは、聖書のことばによって、これらすべてを事実として受け入れています。しかし、周囲の状況が変わってくる(迫害、経済的なこと、病気、仕事、家族、人間関係、など)と、今まで持っていた「信仰」が嵐のように荒れ、沈みそうになるのです。
 「死んでしまいたい」と思ったり、「本当に神様はおられるのか」という思いにかられたりする時もあります。そのように、突然、心に嵐がやって来るのです。
 しかし、私たちがどのような嵐の中にあっても忘れてはならないのは、いつも、どんな時もイエス様があなたと共におられるということです。イエス様のもとに本当の魂の安らぎと平安があります。
 慌てる弟子達に対し、イエス様は「あなたがたの信仰はどこにあるのです」と言われました。(ルカ8:25)
 イエス様がしかられると風も波も静まったのです。自然をも言うことをきかせることの出来る方が、私たちと共におられることを忘れてはなりません。
 私たちの目線はどこにありますか。荒れ狂う波ですか、風ですか。
そうではありません。私たちの目はいつもイエス様を見上げるのです。この方が私たちの牧者あり、豊かな緑の地へと導いて下さる方なのです。私たちの信仰生活は、いつもイエス様を見上げ、信じる続ける生活です。どのような嵐も恐れてはなりません。信じ続けましょう。