今年の目標聖句

「だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。」(マタイ6:33)
 
 今年の教会の目標聖句は「神の国とその義とをまず第一に求める。」です。聖書は、そうすれば「これらのものはすべて与えられる」と約束しています。「これらのもの」とは、「何を着るか、何を食べるか、何を飲むか」という、私たちの現実に起こる「すべての必要」のことです。神様は、私たちのすべての必要を既にご存知です。ですから、もし私たちが何も心配せず、ただ神の国と神の義を求めていくなら、すべての必要を満たして下さると約束されているのです。
 さて「神の国」はどのように求め、建て上げるのでしょうか。
それは、私たちが十字架を負うことで実現します。イエス様は、「わたしに従う者は十字架を背負わなければならない。」と言われました。(マタイ16:24)それは、イエス様が私たちの罪を赦すために自ら背負って下さったもので、自らを「罪人」とする行為です。私たちがイエス様の十字架を負い、自らを低くし謙る時、私たちは自分のためにではなく、人のために犠牲を払い、人にいのちを与える者となることが出来ます。イエス様は、愛によってそのことをすることが出来ました。私たちも、イエス様の愛によって人々のために犠牲を払い、自らを低くする時、神様の栄光を現すことが出来、神の国を建てた上げることが出来るのです。愛なる神様がご支配されているところが、私たちの求めるべき「神の国」です。また、神の国には、聖霊の喜びがあり(ヨハネ7:37、38)、また力があります(Ⅰコリント4:20)。
 神の国を求める時に、私達は霊的戦いを知り、また十字架の愛が分かり、聖霊の喜び、神様の力を知るのです。
 「神の義」とは何でしょう。
それは「イエス様ご自身」です。イエス様を信じ、イエス様のことばに従って行く時、神様の目に私たちは「義」と見なされるのです。イエス様のあとについていくなら、私たちは神様が望んでおられる歩み(Ⅰテサロニケ5:16~18)をすることが出来、聖められ、神の義をいただき、神の国に生きることが出来るのです。
 今年の目標は①全戸トラクト配布②一人が一人を導く③とりなしの祈り、を上げています。私たちが神の国と神の義を求めて歩くなら、必ず達成出来る目標です。聖霊に燃やされ、前進しましょう。