ザアカイの救い

「人の子は、失われた人を捜して救うために来たのです。」(ルカの福音書19章1~10)

 イエス様は、エリコに入って町をお通りになりました。そこにザアカイという収税人のかしらがいましたが、彼はその収税人という仕事の故に(当時、収税人はローマの手先とされ、同胞からは裏切り者として忌み嫌われていた)、民衆に大変嫌われていました。しかし、イエス様はこのザアカイに会うために来られたのです。いつもイエス様は目的を持って行動されます。
 さて、そのことを知らないザアカイは、イエス様のうわさを聞いて、群衆に紛れているイエス様を人目見ようとやって来ましたが、彼の背は非常に低く、見ることが出来ませんでした。この「背が低かったこと」に注目するとき、これが、彼の生まれながらのコンプレックスであり、収税人になった動機(人を見返すため)となっていたという背景を見ることが出来ます。しかし、働いても働いても、彼の心に「喜び」「満足」は得られず、「寂しさ」だけがいつもあったのです。
 ザアカイは、心に「満足」を得るため、そしてその方法を知るために、イエス様に会いに来たのです。彼は、前方に走り出て、いちじく桑の木に登りました。すると、ちょうどイエス様はそこを通りかかり、上を見上げて言われました。「ザアカイ(「ザアカイ」とは、「聖い人」の意味がある)。急いで降りて来なさい。きょうは、あなたの家に泊まることにしてあるから。」と。
 ザアカイは、大喜びでイエス様を迎え、そこで本当の心の救いを得たのです。イエス様は言われました。「きょう、救いがこの家に来ました。この人もアブラハムの子なのですから。人の子は、失われた人を捜して救うために来たのです。」
 イエス様は、失われた魂に対し、「ザアカイ(聖い人よ。)」と呼ばれます。どんなに罪にまみれた人であっても、イエス様が呼びかけるなら、その人の心は変えられるのです。そして、イエス様によって真の聖人となることが出来ます。
 イエス様は、目的を持ってザアカイに会いに来られました。そのように、私たちにも会いに来て下さるのです。イエス様の呼びかけに耳を傾けましょう。イエス様は、あなたの心を新しく変え、神様の真理によって、本当の救い、本当の満足を与えられる方です。
「きょう、救いがこの家に来ました。」これは、あなたに語られていることばです。主に感謝し、主のために働く者となりましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。