信じるなら

「もしあなたが信じるなら、あなたは神の栄光を見る、とわたしは言ったではありませんか。」

 このことばは、弟の死を嘆いているマルタに対し、イエス様が言われたことばです。
 イエス様は、愛するラザロが病気であると聞いたにも関わらず、なお、その時おられた場所に2日留まられました。結果、ラザロのもとに着いた時には、彼は死んで4日も経っていました。姉であるマルタは、「もっと早くイエス様が来て下さっていたら、弟は死ななかったでしょうに。」と泣きながら訴えました。皆が、ラザロの死を悲しむ中、イエス様は彼らの不信仰に憤りを覚えつつ、墓の穴をふさいである石を取り除けるように命じられました。その行動は、だれが見ても異様な光景だったのです。マルタは、すぐさま「主よ。もう臭くなっておりましょう。四日になりますから。」と止めようとしました。その時、イエス様は、マルタに言われました。
「もしあなたが信じるなら、あなたは神の栄光を見る、とわたしは言ったではありませんか。」と。
 誰もが、人生において「不安」を抱えて生きています。そして、誰もが、人生において「確信」を得たいと望んでいるのです。
 何か問題があると、それが不安の材料になり、悩みと発展するのです。頭が痛ければ「脳に異常があるのではないか。」と、不安の材料は無数です。疑いは、不信仰へと繋がります。しかし、イエス様は、疑い、恐れ、不安を全て取り除いて下さる方です。明けない夜はありません。止まない雨はありません。私たちの人生の問題は、その時は悪いことのように思えても、イエス様に信頼していくならば、すべてのことが益と変えられ、最善へと導かれていくのです。
 ラザロはよみがえりました。それは、イエス様によって新しいいのちが与えられた瞬間でした。私たちも、イエス様の十字架の贖いによって、罪が赦され、古い自分は死んで、新しく変えられました。私たちの心は新しく生まれ変わったのです。新しく変えられた者は、聖霊の力によって生きます。私たちは弱いですが、助け主なる聖霊様に力をいただくならば、イエス様が行われてたような神様の業を行うことが出来るのです。
 私たちが、全能なる神様を信じて一歩踏み出すならば、あなたを通して神様の栄光が現されるのです。どうぞ、今疑いの心を捨てましょう。人間の力ではなく、全能なる神様の力が働くのです。私たちは100%主に信頼していきましょう。そうするならば、神様の奇跡を見ることが出来ます。もし、信じるなら、あなたは神の栄光を見ます!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。