受難週にイエス様を覚える

 今週は受難週になっています。イエス様が尊い犠牲をもって私達を救って下さったことに対し、心から感謝を捧げる週です。
 イエス様は、十字架にかかられた時、7つの言葉を言われました。
①「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。」(ルカ23:34)
 十字架につけたローマ兵達、またそれに関わった人々を覚えて祈られた言葉です。イエス様は自分に敵対する者も、心から愛しました。
②「まことに、あなたに告げます。あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます。」(ルカ23:43)
 これは、イエス様の両脇につけられていた強盗の一人に言われたことばです。イエス様は、彼の悔い改めを受け入れ、罪を赦し、パラダイスの約束を与えました。
③「女の方。そこに、あなたの息子がいます」(ヨハネ19:26)
 イエス様は、死なれる直前まで母マリヤを気遣い、愛する弟子ヨハネに託します。イエス様の弟子が恐れて散って行く中、ヨハネは最後までイエス様の側にいました。その弟子に任せられたのです。
④「エリ、エリ、レマ、サバクタニ(意味:わが神、わが神。どうしてわたしをお見捨てになったのですか)」(マタイ27:46)
 全人類の罪を負って、死を味わうことによって、神様との断絶を経験する辛さが伝わって来ます。
⑤「わたしは渇く」(ヨハネ19:28)
 イエス様は、両手両足、そしてわき腹には槍で刺され多くの血を流されました。それは、私達の罪の赦しのために必要なことでした。
⑥「完了した」(ヨハネ19:30)
 口語訳の聖書には「すべてが終わった」と書かれてあります。これは、神様のご計画された救いの御業が完成したという意味です。人間の努力ではなく、ただ信仰によって信じる時に救われるという恵みです。
⑦「父よ。わが霊を御手にゆだねます。」(ルカ23:46)
 最後に父なる神様に対する祈りで終わっています。
イエス様は、十字架の上で確かに死なれました。しかし、神様の御子であるイエス様は、3日目に死を打ち破り、よみがえって下さいました。そして、今も生きて働いておられるのです。
 イエス様の発されたことばは全て、神の愛に溢れたことばです。苦しみの中にあっても、私達のことを覚え、全人類の救いのために十字架の上に留まって下さったのです。私達は、イエス様の十字架と復活を信じるだけで、罪の赦しという恵みに与れるのです。
 この週は、イエス様のことばを胸に、感謝を持って過ごしましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。