全き信仰と告白(マタイ8:5~13)

 イエス様がカペナウムに入られると、ひとりの百人隊長がみもとに来て、懇願して「主よ。私のしもべが中風で、家に寝ていて、ひどく苦しんでいます。」と言いました。そこでイエス様は「行って、直してあげよう。」と言われますが、彼は「主よ。あなたを私の屋根の下にお入れする資格は、私にはありません。ただ、おことばを下さい。そうすれば、私のしもべは直ります。」と言って、イエス様をお連れすることはしませんでした。イエス様は、彼の従順さに驚き、「わたしはイスラエルのうちのだれにも、このような信仰を見たことがありません。」と言って、彼の信仰を喜ばれ、「あなたの信じたとおりになるように。」と言って帰らせました。すると、おことばをいただいたちょうどその時、しもべは癒されたのです。
 神様のことばに従う時、神様の業が現れます。百人隊長には隊長としての権威が与えられており、彼が一言命じれば、彼の下にいる兵士達はそのことば通りに従いました。
ですから、権威ある者の「ことば」に、いかに力があるかを、彼は重々理解していました。
 彼は、ローマの軍隊の百人隊長であるにも関わらず、謙遜な心を持って、ヘブル人であるイエス様のもとに来ました。そればかりではなく、足元にひれ伏して懇願したというのです。
彼は、すべての知識と権威に勝るお方は、イエス様だと確信していました。それは、「あなたを私の屋根の下にお入れする資格は、私にはありません。」(マタイ8:8)ということばに表れています。私たちは、イエス様に対し、この百人隊長のような信仰、敬虔さ、謙りを持っているでしょうか。
 イエス様は、私たちの心をご覧になります。イエス様だけがすべてを知っておられ、イエス様だけが問題(罪)の解決を与えて下さり、イエス様だけが、本当の平安を与えて下さるのです。私たちは、どれだけイエス様により頼んだ生活をしているでしょうか。 
 長血を患っていた女性は、イエス様に触れればその病は完全に癒されると告白し続けていました。彼女が、全信頼をもってイエス様に触れた時、彼女の信仰に応えるように、その病は完全に癒されました。(マルコ5:25~34)彼女も、信仰者の見本となる女性です。
 私たちには、百人隊長や長血の女のような信仰が必要です。その信仰によって主の業を体験することが出来るのです。信じましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。