召天者記念礼拝

人は、どんなに長生きしたとしても、「必ず死ぬ。それが自然の摂理だ。」と多くの人は考えています。けれども、神様は永遠に生きるものとして始めに人間をお造りになり、命を与えて下さいました。それが、アダムとエバです。しかし、神様からの「善悪の実を、取って食べてはならない。」という命令を破り、サタンの誘惑に負けてしまいます。そして、その実を食べ、そこから、人の心に「罪」が入り、必ず、「死」が訪れるようになったのです。
 しかし、神様は、この世にイエス様をおくって下さいました。「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」(ヨハネ3:16)
 マリヤは、まだ結婚をしていませんでしたが、聖霊によって、イエス様を身ごもります。そして、ヨセフに、神の使いが夢に現れて言いました。「マリヤは男の子を産みます。その名をイエスとつけなさい。この方こそ、ご自分の民をその罪から救ってくださる方です。」(マタイ1:22)このすべての出来事は、成就したのです。神様の方法は、人の心では、思い浮かばない様なことを通して、神の業であるという、「証」を示して下さいます。
 神様は、イエス様をとおして、全ての人が救われて、永遠の命をもつ為に、十字架につけられました。それは、愛するひとり子を犠牲にしてまでも、私たち人類を深く愛して下さっているからです。イエス様が私たちの、罪の身代わりとなって、十字架にかかって下さったことで、永遠の命を得られる、特権を与えて下さいました。
 そして、神を信じるものは、古い自分を捨て、新しい自分(命)に変えられるのです。新しい命は生きる力をくれます。私たちはイエス様を信じ、永遠の命を持って、「死」を恐れず、生きることが出来るようになるのです。ですから、全てのものから解放され、新しい生活をおくることが出来ます。
 イエス様を信じるならば、誰でも救われます。そして、どんな事が起きたとしても、「感謝と喜びと祈り」が出来る生活が始まるのです。祈るところに、失望はありません。また祈りは、神の奇跡を起こします。
 求めれば、与えられますし、捜せば見つかります。求め続ければ、神様は、私たちの必要をちゃんと、備えてくださいます。
 そして、神様を受け入れる時、「私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。」(ピリピ4:13)という神様から、新しい力を得ることが出来るようになるのです。
 イエス様は、十字架につけられましたが、三日目に蘇りました。そして、天に昇り今も生きて、私たちの救いの為にとり成してくださっています。ですから、いつも主を見上げ、信仰に満ちた生活を送りましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。