揺るがない土台

「だから、わたしのこれらのことばを聞いてそれを行う者はみは、岩の上に自分の家を建てた賢い人に比べることができます。雨が降って洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけたが、それでも倒れませんでした。岩の上に建てられていたからです。」(マタイ7:24~29)
 最近のニュースで話題になった、「マンションの手抜き工事」。「くい」がしっかりと岩盤まで達していないために、立派な建物が傾きはじめたということです。このことを通して、しっかりとした建物を建てるのには、揺るがない土台、しっかりとした基礎を作ることが大切であることを教えれました。
 わたし達は今、「人生」という家を築きあげています。屋根は「幸福、平安、喜び」で出来ており、その他は「幸せな家族、平安」で組み立てられている・・・。
 多くの人々は、働いて、お金を設け、その上に立派な家を建てようと毎日奮闘しているのです。しかし、上手くいく時もあれば、思うようにいかない時もあります。どんなにお金を稼いでも、なかなか自分の理想の幸せな家を建てることが出来ないのが現実です。
 ルカの7章に一人のやもめの話が出てきます。かつて、彼女は結婚し、幸せに暮らしていました。しかし、間もなくして彼女は頼りにしていた夫を失ってしまいます。それから彼女は、愛する息子をも失ってしまうのです。彼女が悲しみにくれ、泣いていると、イエス様が近づかれて言われました。「泣かなくてもよい」そして、イエス様が「青年よ。あなたに言う、起きなさい」と言われると、その死んでいた息子がよみがえったのです。イエス様は息子を、母親に返されました。彼女は失った幸せをまた再び取り戻すことが出来ました。
 イエス様は悲しむ者に、「泣かなくてもよい」と言われます。そして、わたし達の問題に介入して下さり、解決を与え、失うことのない幸せを与えて下さるのです。
 人間は、弱い者です。しかし、イエス様の御言葉に「力」を見出し、イエス様に対する信仰を堅く保つ時、私達は、揺るぐことのない人生を力強く歩むことが出来ます。
 迷った時、イエス様の前に出て祈るなら、イエス様は御言葉によって私たちを励まし、慰め、聖霊の力によって導いて下さるのです。
 イエス様が、わたし達の人生の「答え」であり、揺るぐことのない「土台」です。この方にしっかりと根ざしていくなら、私達は永遠に堅く立つ霊の家を築きあげることが出来るのです。信頼していきましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。