信じ、従うとき(ヨハネの福音書5章1~9節)

 エルサレムには、羊の門の近くに、ヘブル語でべテスダと呼ばれる池があり、5つの回廊がついていました。その中に大勢の病人、目の見えない人、足の不自由な人、やせ衰えた者たちが伏せっていました。そこに、38年もの間、病気にかかっている人がいたのです。イエス様は、彼が伏せっているのがもう長い間のことなのを知って声をかけられました。「よくなりたいか。」と。すると、彼は「主よ。私には、水がかき回されたとき、池の中に私を入れてくれる人がいません。行きかけると、もうほかの人が先に降りて行くのです。」(当時、池に天使が降りてきて、水がかき回されたときに一番初めに池に入る者は癒される、ということが信じられていた。)
 イエス様は彼に言われました。「起きて、床を取り上げて歩きなさい。」すると、その人はすぐに直って、床を取り上げて歩き出したのです。
 今日の社会を見ていくとき、病院には病人が溢れ、一部の学校では正しい教育がなされず、メディアを見ると、間違った情報、堕落した内容が目立ち、そして、世の中には何のために生きているのか分からず、精神的に病んでいる人が沢山います。
 すべてが混乱している中、唯一の神様を信じて、正しい目を持ってこの世を見ていくことは、とても大事なことです。
 この38年間、病に伏していた男性は、かき回されたときに入れば自分の病は直るんだ、と信じていました。時に失望しならがも、チャンスがあれば、と求め続けていたのです。そのところにイエス様が来られたのです。「求め続ける」ということはとても大事なことです。
 私たちは、イエス様が現れて下さるまで「求め続ける」ということをこの男性を通して学びます。
 しかし、彼は人に頼らなければ生きていけない、また、池に入ることも出来ない、そのような者でした。現に、彼は池に入れないことを人のせいにしています(5:7)。そこで、イエス様は、彼自身の心の願いを自分自身に意識させ、自分の足で立つように命じます。彼が、自分の願いのために、イエス様のことばを信じて自分の足で立とうとしたとき、神様の力が与えられ、彼は起き上がって立つことが出来たのです。
 今は、情報に踊らされている時代です。誰もが幸せや、問題の解決を求めますが、日々変わっていく情報や、人の力に頼る限りは、決して本物の幸せを得ることは出来ません。しかし、私たちが、情報や、人の力に頼らず、いつまでも変わることのないイエス様に幸せを求め、解決を求めるなら、必ず、神様はあなたに現れ、御言葉によって導いて下さいます。御言葉に力があるのです。信じ、従いましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。