りっぱな信仰 ルカの福音書7章1~10節

富高尚師

 イエス様がカペナウムに入られると、ユダヤ人の長老たちが来て、百人隊長のしもべが病気で死にかけていることを知らせました。そして、彼の家に行き、そのしもべのために祈って欲しいと熱心にお願いしました。百人隊長は、当時イスラエルを支配していたローマの軍人であり、異邦人です。本来ならユダヤ人とは交流がなく、ましてやユダヤ人の指導者的立場の長老たちとは全く付き合いがなかったはずです。その彼のために、ユダヤ人の長老たちが熱心にイエス様にお願いするとは、彼の人格がよほど素晴らしかったのでしょう。また、しもべは奴隷ですから、主人にとってはいくらでも代わりのいる存在です。でも、そのしもべのために、真剣に病の癒しを求めている姿にも、彼の人柄の素晴らしさを見ることが出来ます。
 ユダヤ人の長老たちは、百人隊長の人格や人柄に加え、彼にはイエス様に祈っていただくための十分な「資格」があると訴えました。それは、百人隊長がユダヤ人を愛し、ユダヤ人のために会堂も建ててくれたからだというのです。一方、百人隊長の方は、イエス様が自分の家の近くまで来られたことを聞き、友人を使いに出して、自分にはイエス様を屋根の下にお入れする「資格」も、こちらから伺う「資格」もありませんと伝えました。ここに彼の神様の前にへりくだった謙遜な姿を見ることが出来ます。
 私たちは、神様から受ける恵みや癒し、また救いに関しても、何かそれにふさわしい「資格」が必要であると考えがちです。恵みを受けるために、癒してもらうために、救われるために、一生懸命にその資格を得ようと努力しようとします。でもそうではありません。神様は、私たちの身代わりとして十字架にかかられたイエス様を信じる者を、何の資格もないままで愛してくださったのです。「天の父は、悪い人にも良い人にも太陽を上らせ、正しい人にも正しくない人にも雨を降らせてくださる(マタイ5:45)」愛なるお方なのです。
 また、百人隊長は「ことば」には権威があること知っていました。イエス様の「ことば」は神のことばであり、見えない霊の世界においても権威のあることを理解していたのです。私たちは聖書のことばによって救われた者です。しかし、それは何か特別な「資格」があったからではありません。神様の一方的な憐みによって、資格のない者が資格のないままで赦され、天国へ入るのです。それは、イエス様を信じたものに与えられる神様からの賜物であり「特権」なのです。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。