父なる神様の愛が与えるアイデンティティー

(ルカの福音書15:11~32)

富高美和師

 イエス様にとって、あらゆる人が神様の愛を知って変えられていくことは喜びでした。特に、取税人や遊女、罪人たちを愛し、共に食事をし交わりをしました。イエス様は、「わたしと食事をするには遊女を辞めてからでないといけない」とは言いませんでした。イエス様は、彼らのありのままを受け入れられました。そして、イエス様の愛に触れた時、彼らは喜んで罪から離れる生活を選ぶようになったのです。しかし、それはパリサイ人や律法学者の非難の的になりました(ルカ15:1~3)。それで、イエス様は行いを重視するパリサイ人に対し、放蕩息子のたとえを話されました。
 放蕩息子のたとえは、父は天の父なる神様、弟息子は悔い改めた罪人、そして兄息子は行いによって父との関係を保とうとするパリサイ人を現わしています。弟息子は、父に財産の分け前をくれるように頼み、旅に出かけましたが、異国の地で財産を湯水のように使ってしまい、豚の餌さえ美味しそうに見えてしまうほど落ちぶれてしまいました。そこで彼はふと我に返り、父の存在を思い出します。彼は、悔い改め、雇人の一人にでもしてもらおうと父のもとに帰りますが、父は彼を召使いではなく、息子として受け入れ、彼のために祝宴を開きます。それを見て怒ったのが兄息子です。父は兄息子をなだめますが、その後どうなったかは書かれてありません。しかし、このたとえを聞き、パリサイ人たちは驚きました。行いを重視する彼らにとって、罪を犯し、何の役にも立っていない者を赦し、息子として受け入れる父なんて考えられなかったからです。イエス様の話された父なる神様は、彼らの想像をはるかに越えて情け深く、愛情に溢れ、完全な赦しを与えるお方でした。私たちの信じる父なる神様は、
①息子を心配し、赦す準備をして待っておられる方
 「まだ家までは遠かったのに、父は彼を見つけ・・・」(15:20)
②泥(罪)にまみれた息子を「かわいそう」と思われる方。
 「かわいそうに思い、走り寄って彼を抱き、口づけした。」(15:20)
  
③召使ではなく、息子として受け入れて下さる方。
 ・一番良い着物をきせた。→長子の権利。祝福を受け継ぐ者。
              ヨナタンとダビデ(Ⅰサムエル18:1~4)
 ・指輪 → 権威の象徴(創世記41:40~43)
       ※私たちがイエスの御名で祈る時、天の父がそれをかなえて下さる。(使徒3:6~8)
 ・靴 → 息子であることの象徴。奴隷ではない。
           (ヨハネの福音書1:12)
 私たちの価値は、私たちの行いによって決められるものではありません。神様は、私たちをありのまま受け入れ、愛し、イエス様を信じる者を「子」として下さったのです。父の愛は、弟息子にも兄息子にも同じように注がれています。父がどんなに愛して下さっているか、本当の愛を知る時、私たちは自分が何者であるかを知り、父と共にいる幸せを知ります。(エレミヤ31:3)

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。