義と認められた者の祈り

富高尚師 ルカの福音書 18章9~14節      
イエス様は、パリサイ人と取税人の二人の祈りを通して、「義と認められる」とは、どういうことかを教えられました。
パリサイ人は、「神よ。」(ルカ18:11)と祈り始めていますが、その祈りの内容は、すべて「自分」がしてきた行いであり、他人との比較、特に隣にいた取税人との比較によって、自分が正しいと自分に言い聞かせるような祈りでした。パリサイ人は、「自分は正しいと確信して」(ルカ18:9)いました。しかし、それはいつも「自分」が基準であり、「他人」との比較によって自分を上に置き、自分を正しいとしていたのです。
一方、取税人も「神様」(ルカ18:13)と主に祈り始めますが、多くを語っていません。ただ、「罪人の私をあわれんでください。」と祈っただけでした。
自分を「罪人」と神様の前に告白した取税人が、どれほど自分の罪を認めていたかは、その態度に現れています。第一に彼は、神殿の聖所に近づくことができず、遠く離れて立ちました。罪によって自分が汚れていることを認めていたのです。第二に、目を天に向けようともしませんでした。罪に汚れた自分が、直接、神様を見上げることなどできないと考えたからです。第三に、彼は胸を強くたたいて祈っています。「胸を強くたたく」という行為は、大きな悲しみの表現です。
確かに、パリサイ人は律法に決められた以上の正しいことを行っていましたし、取税人は人のお金をだまし取るような生活をしてきたのです。でも、二人が祈った結果として、「義と認められて」家に帰ったのは、パリサイ人ではなく、取税人でした。(ルカ18:14)
私たちも、どんなに素晴らしい良い行いをしたとしても、行いによって義と認められることはありません。私たちが義と認められ、救われる方法は、ただ、主のあわれみによる以外にないのです。そこには、私たちの行いや努力の入る余地はありません。ただ、自分を低くして主にすがるだけなのです。
しかし、主に義と認められたなら、義と認められた者の帰る、特別な「家」があります。取税人は「義と認められて家に帰った」(ルカ18:14)とありますが、それは罪赦された者が神と共に住む、神の家であり、主の家なのです。主は、自分を低くし、へりくだった人といつも共に住んでくださるからです。
私たちは、イエス様を信じてすでに救われた者ですが、その恵みは神様からの一方的なあわれみによるもであることをいつも感謝し、いつも主と共に、主の家に住むことを祈り、願い求めましょう。
「一つのことを私は主に願った。それを私は求めている。私のいのちの日の限り主の家に住むことを。主の麗しさに目を注ぎその宮で思いを巡らすために。」(詩篇27:4)

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。