あなたが奮い立つとき

 この世の中で起きている様々な出来事を見ていくときに、何とも言えない不可解な、恐ろしいような気持ちになります。
今朝の新聞(11日に埼玉で起きた、2件の記事)を見たときです。父親と二人暮らしの高校生(17歳)が「お父さんが自分の面倒を見るのが大変だろう。」と父親を刺した、と言うのです。又、同じ埼玉で、「孫が祖母に灯油をかけて、放火を計った」という記事を見ました。理由は、「むしゃくしゃしていた。」でした。いずれも未遂に終わったことでしたが、何と浅はかな、短絡的な考えでしょうか。子供達がどのように生きればよいのか、何をすれば良いのか分からずに出した結論です。子供社会だけではなくて、日本の政治にも、経済にも 、環境、自然破壊にも、多くの人々が行く先が見えず不安を抱えています。このような時代に、我が郷土の偉人、日英同盟を導いた小村寿太郎のように、グローバルな視野と決断力をもった政治家が出てもらいたいものです。しかし、本来ならば、それは神様が私たちクリスチャンにゆだれられている事ではないでしょうか。
今こそ人々に「道であり、真理であり、命である。」(ヨハネ14:6 )イエス様を伝えるべき時です。今は、多くの人々が迷い悩み苦しんでいる時代です。どんなに表面上は、幸福そうに見えても、その心の中は、罪から来る恐れ、罪責感、病、死、老いる事、将来えの不安等で、一杯です。この解決は、「この方(イエス・キリスト)によるほかに救いは無いのです。」(使徒4:12 ) そして全ての人が、その救いを必要としているのです。
 今こそあなたが奮いたつときです!そのために、まず第1に自分の思い煩い、また消極的な考えを捨てましょう。「あなたの重い患いを主にゆだねよ。主があなたのことを心配して下さる。」(詩55:22)
 第2に、神の主権を認めるべきです。コロサイ1:16には「万物は御子によって造られたからです。天にあるもの、地にあるもの見えもの又、見えないもの王座も主権も、支配も権威も全て御子によって造られたのです。万物は、御子によって造られ御子のために造られたのです。」とあります。 全ては御子のものです。
 あなたも、私も、身につけているものも、あなたが所有しているものも、あなたが失ったものさえ、すべて御子のものです。 そして、この方が、私たちに「権威を」与えて下さっているのです。(マタイ16:19、マルコ16:17)第3に忘れてはならないことは、「助けぬしなる聖霊が、いつもあなたを助けようと待っておられる。」と言うことです。あなたが一歩踏み出す所に主はおられるのです。
「私たちは、知ろう。主を知ることを切に追い求めよう。主は暁の光のように、確かに現れ、大雨のように、私たちのところに来、後の雨のように、地を地を潤される。」(ホセア6:3) ハレルヤ!!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。